ホーム データベース イエスタデイをうたって

イエスタデイをうたって

『イエスタデイをうたって』の英題とその意味は??
執筆:福光潤
公開:2006/07/18
コメント(1件)
目次を表示

邦題

イエスタデイをうたって

ふりがな

いえすたでいをうたって

英題

Sing “Yesterday” for Me

発音

スィん(ぐ)Yェすとぅrいfぉr

英語例文へ 視聴ヘルプ 発音ヘルプ

意味

Sing "Yesterday" for Me
歌う 『イエスタデイ』

(曲名)

~のために

⇒ 私のために『イエスタデイ』を歌って!
詳しい英語解説は後半のコラムへ

作品

★『イエスタデイをうたって』のアニメ版の予告編動画(YouTube)


★『イエスタデイをうたって』の英訳版コミック関連動画(YouTube)

★元ネタ:RCサクセション楽曲『イエスタデイをうたって』(Spotify)


★元ネタの元ネタ:ザ・ビートルズ楽曲『イエスタデイ(Yesterday)』のMV動画(YouTube)
19秒目等で『Yesterday』が発音されます。

スポンサーリンク



コラム

  • 冬目景のコミック作品タイトル『イエスタデイをうたって』は、当初ヒロイン「ハル」の名をタイトルに冠する予定でしたが、最終的に集英社編集部の依頼によりRCサクセションの曲名をタイトルに持ってくることにしたそうです。


  • 英題『Sing "Yesterday" for Me』に含まれる引用符「"~"」は、ザ・ビートルズの名曲タイトル『イエスタデイYesterday)』(1965年)を指しているため。
    また、本来の副詞の意味に解釈されることを防ぐ効果もあります。

    1970年に、忌野清志郎は、
    あの娘は僕にイエスタデイをうたってと言ったと歌っています。

    当時、日本語で「イエスタデイ」といえば、「昨日」という意味の英単語というよりビートルズの名曲タイトルであることの方が広く認知されていました。
    また『イエスタデイ』というタイトルがカタカナでもあるため、特に引用符(『~』)を付けるまでもなく曲名(「うたって」の対象)であることが判別できます。

    なので、RCサクセション楽曲の邦題『イエスタデイをうたって』の中に引用符を含めるような野暮なことはしなかったのでしょう。



  • Sing」は、絵かきの手パターンの動詞です。

    歌う」という動作を表す英単語「sing」には2本の手が生えているため、
    Sing Me "Yesterday"

    私に"Yesterday"を歌って
    というふうに、前置詞を使わずに表現できます。

    もし両手で2つの目的語をつかみづらい場合(曲名"Yesterday"のような、日常的に用いられる目的語ではない場合)、1本の手を休めて前置詞「for」の助けを借りましょう。
    Sing "Yesterday" for Me

    "Yesterday"を歌って、私のために


  • まぐまぐ殿堂入り無料メルマガ】では、上記のようなタイトル英語ネタを配信しています(週1回ペース)。お気軽にご登録ください♪
メルマガ購読メールアドレス

Powered by まぐまぐ! 



  • タイトル英語LINE公式アカウント】も始めました! 友だち追加してくださった方にPDF『翻訳トリビアクイズ~アタック!21問』を特典としてプレゼント中♪
LINE@ 友だち追加
LINE@ QRコード



ヒラメキ例文

Sing 'Sing "Yesterday" for Me' for me!

私に『イエスタデイをうたって』を歌って!

英題発音へ 視聴ヘルプ 発音ヘルプ


関連タイトル

  • イエスタデイ(ザ・ビートルズ)(元ネタのRCサクセションの曲名の元ネタ)



参考外部サイト


※禁断の英文法怪説 by 福光 ⇒

他動詞(命令)+固有名詞(楽曲名)+前置詞+代名詞(目的格)
V+O

※文法アレルギーの方の目に付かぬよう、コソコソ解説しています(^^;)



コメント(1件)

福光潤 — 2020年 04月 04日, 11:10

2020年4月5日、遂にアニメ化!(テレ朝)

コメント 
投稿者名 
コード入力 423

コード入力の数字はスパム防止用です。半角で入力してください。
✦本文に含められるURLは1個まで。超えると投稿エラーとなります。
✦お手数ですが投稿エラーに備えて、投稿前にコメント文をコピーしておいてください。
✦変更・削除依頼は、「コメント編集・削除依頼」よりご連絡ください。



スポンサーリンク

データベースのメニューに戻る
無料メルマガを読んでみる








  



↑ ページトップへ