執筆者:福光潤
作成日:2009/03/17
コメント(1件)
↓当ページの目次を

邦題

  • ダークナイト

ふりがな

  • だーくないと

英題

  • The Dark Knight

発音

  • £ぁーrくいとぅ
英語例文へ 視聴ヘルプ 発音ヘルプ

意味

The Dark Knight
ある特定の 暗い、闇の 騎士

⇒ “闇の騎士”(=バットマンの別名)
⇒ 詳しい英語解説は後半のコラムへ


    [The]    [Dark]    [Knight]
     ↓     ↓      ↓
     ある特定の 暗い、闇の  騎士

作品

★『ダークナイト』の予告編ビデオ(YouTube)

Sponsored Links



コラム

  ⇒ 日本人なら、『ダークナイト』という邦題から、
    「dark night(暗い夜)」が、思い浮かびます…

          よね?
          思い浮かばナイトね?
            (( ̄д ̄)ごーいん)

    黒いスーツのバットマンには「闇夜」が似合う!
          (Batman)
    しかしながら、ところが、でも、バット(but)!

    「バットマンって何者?」に答えてくれるのが、
    この「The Dark Knight(闇の騎士)」なんです!

    §台詞引用(ラストシーンで、ゴードン警部補が息子に対して)

He's a silent guardian, a watchful protector. A dark knight.

彼は、いつも監視の目を光らせてくれている、寡黙な守り神だよ。そう、闇の騎士なのさ。 (蝙蝠飛訳:福光潤)



  ⇒ ちなみに、「騎士」=「knight」のアタマの「kn-」は、

           「kn-」=「くぬ」×

              じゃなくて、

           「kn-」=「な行」○

             の音で読みます。

               すると、

    「騎士」=「knight」=「ナイト」=「night」=「夜」

    というイコール関係が、発音面では、成り立ってしまい、
    「knight」と「night」って、親戚関係にあるのかなぁ?
    と思いがちですが、いいえ、語源も意味も全く違います!

            それはそうと…

    大躍進中の英語学習SNSサイト「iKnow!(アイノウ)」は、
    「愛・苦悩」と誤読する初心者ユーザが続出したためか、
    今月、サービス名称を「smart.fm」に変更したそうです!
    いや、誤読云々は、こじつけのウソでした、スミマセン。
    「smart.fm」への変更は、確実な情報ですのでご安心を。
     ※追記:執筆直後にiKnow!として復活していました。

            脱線ついでに…

    「knight」「know」にあるような、発音しない「k-」は、
    「silent letter(寡黙な文字)」と呼ばれていますが、
    スペルと発音の不一致って、血塗られた侵略の名残…。

      ウォーーッ、カキーン、ドサッ、パッカパッカ
      カチャーン、カキーン、ブスッ、パッカパッカ
          (ノルマン人の侵略シーン)

    英語史の暗黒時代に、「k-」(=苦)を克服した後、
    ブリテン島に、静かな夜(silent night)が訪れ、
    騎士たちは、剣や兜の金属音をかき消すために、
    「k-」の音を「…(無音)」にしましたとさ。
    (最後の方は、こじつけのフィクション…)


  ⇒ 「闇の騎士」という表現は、映画のラストに出てきますが、
    逆に、「光の騎士」というフレーズが、途中で登場します。

    英語音声は、「ホワイトナイト(white knight)」でした。
    日本人なら、「white night(白夜)」が思い浮かびます…

          よね?
          思い浮かばナイトね?
            ((  ̄д ̄;)しつこい)

    「white knight」を辞書で引くと、こんな意味があります。

     1. 伝説上の勇者
     2. 政治改革者、(比ゆ的に)救世主
     3. 自社を買収の危機から救ってくれる第3企業

    日本語では、「白い騎士」。
    ん?
    なんか変?

    白人種だから「白い」のではなく、ヨロイとカブトが「白い」んです。
    でも、大河ドラマとか見ていても、白い甲冑に身を包むサムライって、
    あんまり見ないよねー、だから日本人ウケ狙うために、おもいきって、
    「白馬の騎士」って訳しちゃおうかぁ、という翻訳者もいるようです。
    直訳の「knight on a white horse」も同じような意味なので、OK。

    ただし、最近の経済用語としては、上記「3.」の意味なら、
    「ホワイトナイト」とカタカナ語で訳すことが多いですね。
    一般誌では、まだまだ注釈付きの場合が多いですけど(笑)

    このホワイトナイトは友好的ですが、悪意をもっていたら、
    「black knight(ブラックナイト)」と呼ばれるそうです。

    この映画では、「2.」の意味で、ハービー・デント検事が、
    「Gotham's White Knight(ゴッサムシティの白騎士)」
    と呼ばれていました。
    次期市長選に立候補して、悪と正面対決する構えなんです。

    これに対して、バットマンは、裏社会の隅々に手をまわし、
    闇の悪者を闇の中で始末するも、市民の理解は得られない、
    そんな犯罪撲滅を独力で遂行する自警団のような存在です。

    つまりは、A dark knight.

    人呼んで、The Dark Knight.


  ⇒ 手元の辞書をかたっぱしから調べましたが、
    「white knight」と「black knight」は載っているのに、
    「dark knight」は。。。載っていませんでした。

    やはり!

    闇の騎士らしく、身を隠しているんですよ、きっと!


  • こんな『タイトル英語』を、メールでも読んでみたい方は、まぐまぐ殿堂入りメルマガ(無料)に登録してくださいね!
☞ メールアドレス:
Powered by まぐまぐ! 

ヒラメキ例文

Batman, the Dark Knight, is also called the "Dark Night Detective" or the "Caped Crusader".

“闇の騎士”バットマンは、またの名を“闇夜の探偵”や“ケープをまとった十字軍戦士”という。

英題の発音へ 視聴ヘルプ 発音ヘルプ



参考外部サイト

※禁断の英文法怪説 by 福光 ⇒

定冠詞+形容詞+名詞
「the dark night(闇夜)」と同音異義語(homophone)。

※文法アレルギーの方の目に付かぬよう、コソコソ解説しています(^^;)



コメント(1件)

福光潤 — 2009年 03月 17日, 17:02

ちなみに、1960年代のTVドラマの邦題は、
『バットマン(怪鳥人間バットマン)』(笑)
タイトル英語イストとしては(笑)ですが、
翻訳者としては、(驚)をかくせません!
「怪鳥人間」って日本語センス、好きです!

コメント: 
投稿者名: 
コード入力:


  • ご意見・ご感想は、上記フォームよりご自由に投稿してくださいね!
  • 半角アポストロフィ3つ(''')ではさめばボールド(太字)になります。
  • 本文に含められるURLは1個まで。超えると投稿失敗になります。
  • 変更・削除依頼は、「コメント編集・削除依頼」よりご連絡ください。


このエントリーをはてなブックマークに追加


Sponsored Links

⇒ データベースのメニューにもどる
⇒ 無料メルマガ(いつでも解除可)