ホーム データベース テイク・ザ・タイム

テイク・ザ・タイム

執筆者:加藤由佳
作成日:2019/10/27
コメント(1件)
目次を

邦題

  • テイク・ザ・タイム

ふりがな

  • ていくざたいむ

英題

  • Take the Time

意味

take the time
~をとる その 時間

⇒ その時間をとる
⇒ 時間をかけて~する

作品

★『テイク・ザ・タイム』の動画(YouTube)

Sponsored Links



メモ

  • プログレッシブ・メタル界の超大物、ドリーム・シアターDream Theater)の作品の中でも特に名盤と言われるアルバム『イメージズ・アンド・ワーズImages and Words)』からの一曲。

    くるくると変わるテンポに少々混乱しますが、回転速度の変動するアトラクションに乗っているのだと思いながら聞くとなかなか楽しめます。


  • take ~ time」フレーズというと

    Take your time!

    ごゆっくりどうぞ!

    が有名ですが、今回は

    take the time

    時間をとって~する

    意味が微妙に異なります。


    ♪歌詞引用
    You can feel the waves coming on
    (It's time to take the time)
    Let them destroy or carry you on
    (It's time to take the time)

    波がやって来るのを感じるだろう
    (時間をきちんとかけるときなんだ)
    破壊させるか、それとも生き延びるのか
    (時間をかけてじっくりとやらなきゃ)
    (加藤による試訳)

    take the time」表現に「it's time to ~~するとき)」を掛けているのがニクいですね・・・。


  • ただ、これだけだと「take the time」の使い方がやや分かりづらいので、例文を用意しました。


    例1:
    Thank you for taking the time to help me with checking these documents.

    この書類チェックのために時間を取ってくれてありがとう。

    このように、何かしてもらったときに「わざわざ時間をとって~してくれてありがとう」という感じで使い、相手への感謝の気持ちを強調することがあります。ビジネス英語などで時々登場する表現です。


    または、

    例2:
    She decided to take the time to call her parents after dinner.

    彼女は夕食後に両親に電話する時間をとることに決めた。

    という「~するための時間をとる」という用い方や、

    例3:
    I will take the time to consider the transfer to the New York branch.

    ニューヨーク支店への異動については時間をかけてゆっくり考えるつもりです。

    といった風に、「じっくり時間を費やして~する」というバリエーションもあります。


  • 【まぐまぐ殿堂入り無料メルマガ】では、上記のようなタイトル英語ネタを配信しています(週1回ペース)。お気軽にご登録ください♪
メルマガ購読メールアドレス

Powered by まぐまぐ! 
  • 【タイトル英語LINE公式アカウント】も始めました! 友だち追加してくださった方にPDF『翻訳トリビアクイズ~アタック!21問』を特典としてプレゼント中♪
LINE@ 友だち追加
LINE@ QRコード



参考外部サイト



コメント(1件)

加藤由佳 — 2019年 10月 27日, 17:57

MVは元々8分20秒もある楽曲を何とか6分以内に収まるようにカットしたものなので、不自然さがすごく、ファンからはやや不評の様子。

でも、3分34秒目から始まる、初代キーボーディストのKevin Mooreさんのソロは必見です!(やっぱりブツ切り感は否めないのですが)

コメント 
投稿者名 
コード入力 551

コード入力の数字はスパム防止用です。半角で入力してください。
✦本文に含められるURLは1個まで。超えると投稿エラーとなります。
✦お手数ですが投稿エラーに備えて、投稿前にコメント文をコピーしておいてください。
✦変更・削除依頼は、「コメント編集・削除依頼」よりご連絡ください。




Sponsored Links

データベースのメニューに戻る
無料メルマガを読んでみる


  



  






↑ ページトップへ