ホーム > データベース > 人間失格

人間失格

執筆者:福光潤
作成日:2008/10/21
コメント(3件)
目次を

邦題

  • 人間失格

ふりがな

  • にんげんしっかく

英題

  • No Longer Human

発音

  • ーんぐrヒューむん
英語例文へ 視聴ヘルプ 発音ヘルプ

意味

No Longer Human
ない これより長く 人間である
もはや~ない

⇒ もはや人間ではない
詳しい英語解説は後半のコラムへ

作品

★『人間失格』の朗読動画(YouTube)

Sponsored Links



コラム

  • 今回のタイトル英語『No Longer Human』には、重要フレーズが入っています!

    no longer = もはや~ない
    はい、こんどのテストに出るから赤線~!

    と、いくら学校のセンセに教えてもらっても、わかりません、覚えられません、使えません! という方、たくさんいらっしゃると思います。

    だいいち、「もはや~ない」という意味自体、ひとことでスパッと言い切っていないところ、いさぎよくないというか、中途半端というか、「~」に何がくるか予測不能で、不安を煽り、最終的な和訳はセンスにかかっていそうだし、もはや付き合ってられましぇ~ん!って感じの和訳です。


  • フクミツも日本語圏で育ったので、「no なんちゃら」系の表現は、正直いまだにニガテなんです。

    ここで英語表現のことは忘れて、日本語についてこんな事実を思い出しましょう!

    そもそも日本語の否定って、ありえなくまどろっこしい!
    どういうことかというと、こんな感じです。

    兵庫県教育委員会によれば、
    県下の各小学校において、算数の時間に、
    ルービックキューブの6面解法を教える
    ということは、行っていないようである。

    という例文は、最後の最後に「~ない」という言葉が出現した瞬間、いままで積み上げてきた情報ブロックの塔が瓦解!

    そんな噂があったのか? 他県では教えているのか? 中高生には教えているのか? 算数以外の時間に教えているのか? 6面でなく1面までなら教えているのか? スネークキューブ(古っ!)なら教えているのか?

    こんな疑問が同時多発的に暴発しますが、そこをグッとこらえ胸中に秘めるのが我々日本語ネイティブスピーカーの宿命!

    たぶん自分が知らない時事情報のせいで、この文に違和感を抱いてるんだろうなぁと、自己犠牲の本能が働いちゃうのかも!

    そこで、日本語の否定界における救世主! 「もはや」がさっそうと登場することで、その文が「~ない」で終わることを予め約束してくれます!

    兵庫県教育委員会によれば、もはや
    県下の各小学校において、算数の時間に、
    ルービックキューブの6面解法を教える
    ということは、行っていないようである。

    読み手がどうあがいても、2行目からは否定的なエンディングを覚悟してしまう! そして、今回知った否定的な現状よりも、これまでそんな教育してたの? マジで? という過去の事実への驚きを禁じえない!

    それほどに「もはや」の登場は衝撃的!

    この否定界の救世主には何種類かありますが、「もはや」は病院における聖職者タイプ! 映画などで、末期症状の患者さんの病室に牧師さん( or 神父さん、お坊さん)が顔を出すだけで、アカン、もう終わりや! と、患者は「生の否定」=「死の宣告」を覚悟。

    文のはじめの方に出てくる「もはや」は、これまで継続していたことにケリをつけ、もう終わっている状態を認めさせる標識。


  • さてと、英語にもどりましょう!

    否定界の救世主”などと大げさに考えなくても、英語では否定フレーズが前方にあって当たり前! 最後まで読まなきゃという“まどろっこしさ”は、英文ではあまり考えられません。

    According to 兵庫県教育委員会,
    県下の各小学校 no longer teaches
    how to solve a ルービックキューブ in 算数の時間.

    早い段階で、「どんな教育が廃止されたのか?」と、後半の読み方を決められるのでスッキリ! そして、そんなもん教えてたの? とビックリ!


  • longer」の部分に注目すると、「long」+「-er」となっています(比較級)。

    This yam is not longer than that yam.

    この長芋は、あの長芋ほど長くない。

    のように、「-er」には「than 基準」がつきもの。その基準“より”上か下か、大か小か、前か後か。

    no longer」についても、「もはや~ない」と訳語を覚えるよりも、基準時点にフォーカス!

    上に出てきた日本語「もはや」の意味合い:

    これまで継続していたことにケリをつけ、
    もう終わっている状態を認めさせる標識。

    の中の、「ケリ」がついた時点が基準です。

    もはや、その基準より前の状態ではない」という未練を残した感傷的な文を作るのが、「no longer」!


  • もはや長芋どころじゃないほど長いコラムになりつつありますが、ようやくタイトル英語にもどると、こうなります。

    No Longer Human

    もはや人間ではない

    先頭に「I am」をおぎなって文にすると、最後に廃人同然となった主人公“自分”の独白となります。

    I am no longer human.

    自分は、もはや人間ではない。

    いくら本人がそう悟っても、以前は人間だったが…、という文である以上、やっぱり未練を残す表現です。

    じゃ、どの時点から人間ではなくなったのだろうか? 少年性的虐待、アル中、心中未遂、モルヒネ中毒、精神疾患。いや、そういう表面的な出来事ではなく、もっと違う次元に、人間でなくなるきっかけがありそうかも…。

    などと、読書中にも想像をかきたてるべく、ドナルド・キーンさんが狙った意訳型英題。それが『No Longer Human』でした!


  • ちなみに、邦題『人間失格』の直訳(a literal translation of the Japanese title)として、ペーパーバック裏表紙には、こう書いてあります。

    disqualified from being human
    これも、アタマに「I am 」を追加すると、文になります。

    I am disqualified from being human.

    人間であるという資格を剥奪されています。
    ⇒ 自分は人間失格です。

    そうすると、人間失格にいたるストーリーではなく、紛争地域を舞台にした人権問題を扱う社会派小説か、アンドロイド狩りの近未来SFっぽくなりそうです。

    オマエ、それなぁ、人間として失格やで、ホンマにもう(-_-;)
    のように、日本語会話で「失格」という単語は、大げさながらも、おどけた感じで使えますよね。

    でも、英会話で「disqualified」という単語は、大げさかつ全面否定的なイメージで厳しいかも!

    そんな英日間の語感バランスも考慮してみると、たしかに「no longer」の方がピッタリです。


  • 最後に、小説本文中に邦題『人間失格』が登場するのは終盤の1箇所のみ。

    人間、失格。
    もはや、自分は、完全に、人間で無くなりました。

    Disqualified as a human being.
    I had now ceased utterly to be a human being.

    人間であり続ける未来を完全否定した流麗なる英訳文なり。


  • 【まぐまぐ殿堂入り無料メルマガ】では、上記のようなタイトル英語ネタを配信しています(週1回ペース)。お気軽にご登録ください♪
メルマガ購読メールアドレス

Powered by まぐまぐ! 
  • 【タイトル英語公式LINE@】も始めました! 友だち追加してくださった方にPDF『翻訳トリビアクイズ~アタック!21問』を特典としてプレゼント中♪
LINE@ 友だち追加
LINE@ QRコード



ヒラメキ例文

You're no longer an English learner. You're an "English user" from today on!

あなたはもう英語学習者ではありません。今日から“英語ユーザー”です!

英題発音へ 視聴ヘルプ 発音ヘルプ



参考外部サイト

※禁断の英文法怪説 by 福光 ⇒

副詞+副詞+形容詞
「S+V(I am)」を省略したフレーズ。

※文法アレルギーの方の目に付かぬよう、コソコソ解説しています(^^;)



コメント(3件)

福光潤 — 2008年 10月 21日, 14:40

コラム中の兵庫県教育委員会の報道例文は、
フィクションですので、調べないように(笑)。

来年の太宰治生誕100周年を記念して、地元青森では、
『生まれて墨ませんべい』が売り出されているそうな…。
人間失格でもダジャレは合格ライン!(笑)

加藤由佳 — 2016年 02月 11日, 11:10

かつて『彼は昔の彼ならず』という短篇を執筆、本文中に"He is not what he was"という英文を登場させた太宰本人なら、『人間失格』をどう英訳するのかも気になりました。


加藤さん、鋭い関連情報ありがとうございます! いま青空文庫でチェックしてみました。「僕が中学五年間を通じて受けた教育のうちでいまだに忘れられぬ唯一の智識」であるなら、なおさら『人間失格』の英訳として当該フレーズをそのまま使いそうですね。(さすがに「キーンさんの好きにしていいですよ」とはならないでしょうw)(福光潤 2016年 02月 11日, 18:34)

福光潤 — 2018年 11月 11日, 15:48

現在ブラウザはGoogle Chromeを使っていますが、かれこれ20年ほどNetscape⇒Internet Explorer⇒Firefox等を変遷しながらブックマーク(お気に入り)を代々引き継いできました。なので昔のお気に入りページを開くとサイト消滅していた! なんてことが多くなりました。その際に見かけるのが「This page no longer exists.」。悲しいとき…、わびしいとき…。英文には「no longer」があるのに、「このページは存在しません」という翻訳文に「もはや」がもはや存在しないと気づくのも、悲しいとき…、わびしいとき…。

コメント: 
投稿者名: 
コード入力 689

コード入力の数字はスパム防止用です。半角で入力してください。
✦本文に含められるURLは1個まで。超えると投稿エラーとなります。
✦お手数ですが投稿エラーに備えて、投稿前にコメント文をコピーしておいてください。
✦変更・削除依頼は、「コメント編集・削除依頼」よりご連絡ください。



このエントリーをはてなブックマークに追加


Sponsored Links

データベースのメニューに戻る
無料メルマガを読んでみる

↑ ページトップへ