当『タイトル英語』サイトでは、福光潤が勝手に考えた発音表記システムを使用しています。英語の発音を聞こえるがままに写しとることは不可能ですので、このように発音すると英語の音に近づけるよ、という趣旨の表記法です。では、下記にルールを掲載しておきますね。ちなみに福光はカナダ・トロント仕込みの発音で、米国北部寄りに聞こえるかもしれません。加藤由佳さんには英国の容認発音(Received Pronunciation, RP)を担当していただいております。

アクセント

  • カタカナ/大文字英字/記号+カタカナ ⇒ 力強く発音します。
  • ひらがな/小文字英字/記号+ひらがな ⇒ どうでもいい感じで適当に発音します。
  • ギャのような表示箇所 ⇒ 「1番強く」発音します。
  • チュのような表示箇所 ⇒ 「2番目に強く」発音します。
  • あくまでタイトル英語自体のアクセント配分ですので、日常会話などの一部に出てきた場合は、前後関係によってアクセントの調子が変動します。

特殊発音(英字・記号系)の説明

F系 | R系 | V系 | θ系 | £系 | Y系 | W系

【F系】

  • 「f」は、上の前歯を下唇の内側に当てて、「ふ」
  • 「fぁ」は、上の前歯を下唇の内側に当てて、「ふぁ」
  • 「fぃ」は、上の前歯を下唇の内側に当てて、「ふぃ」
  • 「fぇ」は、上の前歯を下唇の内側に当てて、「ふぇ」
  • 「fぉ」は、上の前歯を下唇の内側に当てて、「ふぉ」
  • 「fゃ」は、上の前歯を下唇の内側に当てて、「ふゃ」
  • 「fゅ」は、上の前歯を下唇の内側に当てて、「ふゅ」
  • 「fょ」は、上の前歯を下唇の内側に当てて、「ふょ」
  • 「Fァ」は、上の前歯を下唇の内側に当てて、「ファ」
  • 「Fィ」は、上の前歯を下唇の内側に当てて、「フィ」
  • 「Fゥ」は、上の前歯を下唇の内側に当てて、「フ」
  • 「Fェ」は、上の前歯を下唇の内側に当てて、「フェ」
  • 「Fォ」は、上の前歯を下唇の内側に当てて、「フォ」
  • 「Fャ」は、上の前歯を下唇の内側に当てて、「フャ」
  • 「Fュ」は、上の前歯を下唇の内側に当てて、「フュ」
  • 「Fョ」は、上の前歯を下唇の内側に当てて、「フョ」

【R系】

  • 「r」は舌を巻く
  • 「rぁ」は、舌を上あごに付けずに、「ぅら」
  • 「rぃ」は、舌を上あごに付けずに、「ぅり」
  • 「rぅ」は、舌を上あごに付けずに、「ぅる」
  • 「rぇ」は、舌を上あごに付けずに、「ぅれ」
  • 「rぉ」は、舌を上あごに付けずに、「ぅろ」
  • 「rゃ」は、舌を上あごに付けずに、「ぅりゃ」
  • 「rゅ」は、舌を上あごに付けずに、「ぅりゅ」
  • 「rょ」は、舌を上あごに付けずに、「ぅりょ」
  • 「Rァ」は、舌を上あごに付けずに、「ゥラ」
  • 「Rィ」は、舌を上あごに付けずに、「ゥリ」
  • 「Rゥ」は、舌を上あごに付けずに、「ぅル」
  • 「Rェ」は、舌を上あごに付けずに、「ゥレ」
  • 「Rォ」は、舌を上あごに付けずに、「ゥロ」
  • 「Rャ」は、舌を上あごに付けずに、「ゥリャ」
  • 「Rュ」は、舌を上あごに付けずに、「ゥリュ」
  • 「Rョ」は、舌を上あごに付けずに、「ゥリョ」

【V系】

  • 「v」は、上の前歯を下唇の内側に当てて、震わせながら「ヴ」
  • 「vぁ」は上の前歯を下唇の内側に当てて、震わせながら「ヴぁ」
  • 「vぃ」は上の前歯を下唇の内側に当てて、震わせながら「ヴぃ」
  • 「vぇ」は上の前歯を下唇の内側に当てて、震わせながら「ヴぇ」
  • 「vぉ」は上の前歯を下唇の内側に当てて、震わせながら「ヴぉ」
  • 「vゃ」は上の前歯を下唇の内側に当てて、震わせながら「ヴゃ」
  • 「vゅ」は上の前歯を下唇の内側に当てて、震わせながら「ヴゅ」
  • 「vょ」は上の前歯を下唇の内側に当てて、震わせながら「ヴょ」
  • 「Vァ」は上の前歯を下唇の内側に当てて、震わせながら「ヴァ」
  • 「Vィ」は上の前歯を下唇の内側に当てて、震わせながら「ヴィ」
  • 「Vゥ」は上の前歯を下唇の内側に当てて、震わせながら「ヴ」
  • 「Vェ」は上の前歯を下唇の内側に当てて、震わせながら「ヴェ」
  • 「Vォ」は上の前歯を下唇の内側に当てて、震わせながら「ヴォ」
  • 「Vャ」は上の前歯を下唇の内側に当てて、震わせながら「ヴャ」
  • 「Vュ」は上の前歯を下唇の内側に当てて、震わせながら「ヴュ」
  • 「Vョ」は上の前歯を下唇の内側に当てて、震わせながら「ヴョ」

【θ系】

  • 「θ」は、舌が上の歯の裏1mm上空で、「す」と「ふ」の間
  • 「θぁ」は、舌が上の歯の裏1mm上空で、「さ」と「ふぁ」の間
  • 「θぃ」は、舌が上の歯の裏1mm上空で、「すぃ」と「ふぃ」の間
  • 「θぇ」は、舌が上の歯の裏1mm上空で、「せ」と「ふぇ」の間
  • 「θぉ」は、舌が上の歯の裏1mm上空で、「そ」と「ふぉ」の間
  • 「θァ」は、舌が上の歯の裏1mm上空で、「サ」と「ファ」の間
  • 「θィ」は、舌が上の歯の裏1mm上空で、「スィ」と「フィ」の間
  • 「θゥ」は、舌が上の歯の裏1mm上空で、「ス」と「フ」の間
  • 「θェ」は、舌が上の歯の裏1mm上空で、「セ」と「フェ」の間
  • 「θォ」は、舌が上の歯の裏1mm上空で、「ソ」と「フォ」の間

【£系】

  • 「£」は、舌が上の歯の裏1mm上空で、「ず」と「どぅ」の間
  • 「£ぁ」は、舌が上の歯の裏1mm上空で、「ざ」と「だ」の間
  • 「£ぃ」は、舌が上の歯の裏1mm上空で、「ずぃ」と「でぃ」の間
  • 「£ぇ」は、舌が上の歯の裏1mm上空で、「ぜ」と「で」の間
  • 「£ぉ」は、舌が上の歯の裏1mm上空で、「ぞ」と「ど」の間
  • 「£ァ」は、舌が上の歯の裏1mm上空で、「ザ」と「ダ」の間
  • 「£ィ」は、舌が上の歯の裏1mm上空で、「ズィ」と「ディ」の間
  • 「£ゥ」は、舌が上の歯の裏1mm上空で、「ズ」と「ドゥ」の間
  • 「£ェ」は、舌が上の歯の裏1mm上空で、「ゼ」と「デ」の間
  • 「£ォ」は、舌が上の歯の裏1mm上空で、「ゾ」と「ド」の間

【Y系】

  • 「yぃ」は、「や」の発音直前のように舌を盛りあげて、「ぃい」
  • 「yぇ」は、「や」の発音直前のように舌を盛りあげて、「ぃえ」
  • 「Yィ」は、「ヤ」の発音直前のように舌を盛りあげて、「ィイ」
  • 「Yェ」は、「ヤ」の発音直前のように舌を盛りあげて、「ィエ」

【W系】

  • 「Wゥ」は、「ワ」の発音直前の唇を力強くすぼめながら、「ウ」