ホーム > データベース > ロングテール―「売れない商品」を宝の山に変える新戦略

執筆者:福光潤
作成日:2006/09/18
コメント(1件)
↓当ページの目次を

邦題

  • ロングテール―「売れない商品」を宝の山に変える新戦略

ふりがな

  • ろんぐてーる うれないしょうひんをたからのやまにかえるしんせんりゃく

英題

  • The Long Tail: Why the Future of Business Is Selling Less of More

発音

  • £ぁーんいお ふい£ぁFューちゅrぁvずぬすぃずおりんそぉvーr
英語例文へ 視聴ヘルプ 発音ヘルプ

意味

The Long Tail Why the Future of
特定の 長い なぜ~? ~の未来(未来型の~)
Business Is Selling Less of More
ビジネス (近い将来)~を売っている より少ない数の より多種の商品

⇒ ロングテール(=長い尻尾→死に筋商品の集積):なぜ、未来型ビジネスでは、今より多くの品目を、それぞれ今より少ない在庫数で、売るようになっているのか、その理由
詳しい英語解説は後半のコラムへ

作品

★『ロングテール―「売れない商品」を宝の山に変える新戦略』のCM動画(YouTube)


★『ロングテール―「売れない商品」を宝の山に変える新戦略』のレビュー動画(YouTube)
1分9秒目等で『The Long Tail: Why the Future of Business Is Selling Less of More』が発音されます。

Sponsored Links



コラム

  ⇒ 「テール(tale)」は「物語」ですが、
    「テール(tail)」は「尻尾」です。
    では、その反対の「頭」は?
       ・
       ・
       ・
       ・
       ・
       ・
       ・
       ・
       ・
    そう、「ヘッド(head)」=「頭」ですね。

    ネットビジネスで注目される「ロングテール理論」とは、
    「種類は少ないけど売れ筋=ヘッド」はもちろんのこと、
    「ほとんど売れない死に筋=テール」も積み重なったら、
    ある程度の売り上げを占めるようになる、という考え方。
    「日本人みんなが1円を出し合えば1億円以上」みたく、
    「塵もつもれば山となる」の考えを応用した理論ですね。

    あるオンライン店舗の売上をグラフ化すると、
    死に筋の売上部分が、恐竜の長い尻尾のように見えます。
    だから、「The Long Tail」。
    ウィキペディアのグラフを参照してください。


  ⇒ ロングテール戦略のオンラインストアにあるテール商品は、
    無駄な在庫をかかえたくない実店舗では、売られてません。

    <テールの例>
    『大草原の小さな家』 by 中西俊博
    (あの懐かしのTVドラマテーマ曲をバイオリンで奏でています)
    オンラインストアのアマゾンなら、入手可能です。

    <ヘッドの例>
    『大草原の小さなマシュー』 by マシュー南(藤井隆)
    (テレ朝『Matthew's Best Hit TV』からオリジナル曲CD+DVD)
    9/13のリリース直後は、どのCD屋さんにも置いてあると思います。


  ⇒ サブタイトルは長いので、ポイントはひとつだけ。
    「less」と「more」は、詳しく言うと、
    「less」=「less numbers(より少ない点数)」
    「more」=「more titles/items(より多くの商品タイトル・品目)」
    となりますが、「less of more」と短く言った方が、
    一見矛盾しているので、「え? なんで?」と興味をひきやすく、
    効果的なタイトル英語となります。


  • こんな『タイトル英語』を、メールでも読んでみたい方は、まぐまぐ殿堂入りメルマガ(無料)に登録してくださいね!
☞ メールアドレス:
Powered by まぐまぐ! 

ヒラメキ例文

1. Amazon is trying to benefit from the Long Tail.
2. I wonder why the bird can sleep on one leg; the secret seems to be its long tail.

1.アマゾンはロングテールから利益をあげようとしています。
2.なぜ鳥が片足で眠れるのか不思議だが、どうやらその秘訣は、長い尻尾にあるようだ。

ここをクリックして拡大!
英題の発音へ 視聴ヘルプ 発音ヘルプ



参考外部サイト

※禁断の英文法怪説 by 福光 ⇒

定冠詞+形容詞+名詞 疑問詞+定冠詞+名詞+前置詞+名詞+Be動詞+他動詞(現在分詞)+名詞+前置詞+名詞
「Why」以下=S+V+O;間接疑問文だが、名詞句扱い(the reason that... と同じ)

※文法アレルギーの方の目に付かぬよう、コソコソ解説しています(^^;)



コメント(1件)

福光潤 — 2006年 09月 24日, 10:19

当サイトのロングテールと思われる、8月の検索キーワード集をアップしていますので、ご参考に♪

コメント: 
投稿者名: 
コード入力 384

コード入力の数字はスパム防止用です。半角で入力してください。
✦本文に含められるURLは1個まで。超えると投稿エラーとなります。
✦お手数ですが投稿エラーに備えて、投稿前にコメント文をコピーしておいてください。
✦変更・削除依頼は、「コメント編集・削除依頼」よりご連絡ください。



このエントリーをはてなブックマークに追加


Sponsored Links

⇒ データベースのメニューにもどる
⇒ 無料メルマガ(いつでも解除可)