ホーム > データベース > 人生を変える80対20の法則

執筆者:福光潤
作成日:2008/01/28
コメント(1件)
↓当ページの目次を

邦題

  • 人生を変える80対20の法則

ふりがな

  • じんせいをかえるはちじゅったいにじゅうのほうそく

英題

  • The 80/20 Principle: The Secret of Achieving More with Less

発音

  • £ぃいてぃーとぅウェんてぃーぷRィんすぃぽー £ぁスィーくrぃっとぅvぁーvぃん(ぐ)ーrうぃ£
英語例文へ 視聴ヘルプ 発音ヘルプ

意味

The 80/20 Principle
(法則名や術語を示す) 80:20 法則
The Secret of Achieving More with Less
~の秘訣 達成する より多量 ~で より少量

⇒ 80対20の法則~より少ない労力でより多くの成果を得る秘訣
⇒ 80対20の法則~最小限の努力で最大限の効果を得る秘訣
詳しい英語解説は後半のコラムへ

作品

★『人生を変える80対20の法則』のレビュー動画(YouTube)
8秒目で『The 80/20 Principle: The Secret of Achieving More with Less』が発音されます。

Sponsored Links



コラム

  ⇒ 「80対20」という比は、英語でも「80:20」と書きますが、
    おそらく「(the ratio of) 80 to 20」と読まれるだろうし、
    「to」=「トゥー」が、数字「two」っぽくて紛らわしいし、
    タイトルに入れるには、言いにくいので「to」はカ~ット!

    というワケかどうか知りませんが(笑)、
    「80/20(eighty-twenty)」と読ませています。


  ⇒ 経済用語の「パレートの法則(the Pareto principle)」は、
    「80:20の法則」として、一般現象にも応用されている思考法。

    「売上高の8割は、全従業員の2割が生みだす」
    「利益の8割は、2割の顧客がもたらす」
    「成果の8割は2割の時間で得られる」

    というように、
    「全体の結果は、実は、ほんの一部のおかげなんです!」
    という理論。

    本書では、この法則を、人間関係からレジャーにまで応用して、
    著者のリチャード・コッチは、あっちこっちでこの理論を提唱。

    『人生を成功させるための「80対20」革命!
             (The 80/20 Revolution)』(2002年)

    『楽して、儲けて、楽しむ 80対20の法則 生活実践篇
             (Living the 80/20 Way)』(2004年)

    という続編が出ています。
    まるで映画3部作みたい!


  ⇒ 前に、ハリポタの原題が英米で違うという話をしましたが、
    本書の副題も、英米で少し違いがあります。

   ・イギリス(Nicholas Brealey Publishing 刊)
    ⇒ The Secret of Achieving More with Less
      =より少ない労力でより多くの成果を得る秘訣

   ・アメリカ(Doubleday 刊)
    ⇒ The Secret to Success by Achieving More with Less
     =より少ない労力でより多くの成果を得ることで成功する秘訣

    まどろっこしい和訳ですが、
    「成功への秘訣! 最小限の努力で最大限の効果をゲット~!」←┐
    と、自己啓発・成功哲学系ダイスキ読者にとって、       │
    ノリノリなリズムのタイトルではないでしょうか?       │
    「secret」とくれば「to success」でなくっちゃ!       │
    という回路が、アメリカ英語にあると思われます。       │
                                  │
                                  │
  ⇒ おっと。                          │
    いま、「最小限の~最大限の~」と書きましたが、―――――――┘
    英題は、「more with less」でしたね。
    「most with least」ではありません。

    努力を少なくすればするほど(with less effort)、
    それにつれて成果が上がる(achieving more results)、
    と言われたほうが、この夢の理論を実践してみたくなりませんか?
    壁に貼った成績表の折れ線グラフが右上がりになるイメージです。
    キーワードは、「みるみるうちに」「やればやるほど」「着実に」。

    いっぽう、「most with least」だと、
    努力がいちばん少ない人が、いちばん成功するのはなぜ?
    といった秘密(これも「secret」)が書かれていそうなイメージです。
    (フクミツの勝手なイメージかもしれませんが…)


  ⇒ リチャード・コッチは、着実な成功の過程を重視するために、
    「more」と「less」を愛用しているみたいですよ。
    上記3作目の『Living the 80/20 Way』の副題は、
    「Work Less, Worry Less, Succeed More, Enjoy More」です!


  ⇒ ちなみに、邦題の枕詞「人生を変える」は、結果重視ですね。
    「着実に」じゃあ、まどろっこしいったらありゃしないから、
    さっさと「最小限の努力で最大限の効果」を教えろ的な響き。
    (フクミツの勝手なイメージかもしれませんが…)


  • こんな『タイトル英語』を、メールでも読んでみたい方は、まぐまぐ殿堂入りメルマガ(無料)に登録してくださいね!
☞ メールアドレス:
Powered by まぐまぐ! 

ヒラメキ例文

Here's an example of the 80/20 principle for language learners to remember: 80% of what we say uses only 20% of our vocabulary.

今から挙げるのは80対20の法則の一例ですが、語学をやる人は覚えておきましょう。すなわち、会話の80%は、われわれがもつ語彙の20%しか使いません。

英題の発音へ 視聴ヘルプ 発音ヘルプ



参考外部サイト

※禁断の英文法怪説 by 福光 ⇒

冠詞+数詞+名詞 コロン 冠詞+名詞+前置詞+他動詞(現在分詞)+名詞+前置詞+名詞
メインタイトルとサブタイトルをコロンでつなぐ。「more」と「less」は、形容詞(比較級)由来の名詞。

※文法アレルギーの方の目に付かぬよう、コソコソ解説しています(^^;)



コメント(1件)

福光潤 — 2008年 01月 28日, 23:53

メルマガでは、【コラム】中に2箇所の記載ミスがありました。

> 「成果の8割は20割の時間で得られる」
        ↓
「成果の8割は2割の時間で得られる」

>『Living the 80/20 Way』の副題は、
>「Work Less, Work Less, ・・・
        ↓
『Living the 80/20 Way』の副題は、
「Work Less, Worry Less, ・・・

あと、2005年に、80/20シリーズ4作目が出ていました!(邦題不明)
『The 80/20 Individual: How to Build on the 20% of What You do Best』

コメント: 
投稿者名: 
コード入力 180

コード入力の数字はスパム防止用です。半角で入力してください。
✦本文に含められるURLは1個まで。超えると投稿エラーとなります。
✦お手数ですが投稿エラーに備えて、投稿前にコメント文をコピーしておいてください。
✦変更・削除依頼は、「コメント編集・削除依頼」よりご連絡ください。



このエントリーをはてなブックマークに追加


Sponsored Links

⇒ データベースのメニューにもどる
⇒ 無料メルマガ(いつでも解除可)