ホーム > データベース > ジョー・ブラックをよろしく

執筆者:福光潤
作成日:2006/08/19
コメント(2件)
↓当ページの目次を

邦題

  • ジョー・ブラックをよろしく

ふりがな

  • じょーぶらっくをよろしく

英題

  • Meet Joe Black

発音

  • ー(とぅ)ジョうぶっく
英語例文へ 視聴ヘルプ 発音ヘルプ

意味

Meet Joe Black
会う;初めて会う ジョー ブラック

⇒ ジョー・ブラックに会ってくれ
⇒ ジョー・ブラックをご紹介しよう
詳しい英語解説は後半のコラムへ

作品

★『ジョー・ブラックをよろしく』の予告編動画(YouTube)

Sponsored Links



コラム

  ⇒ 「ジョー・ブラックに会え!」って、命令しているんでしょうか?

    ノンノン。

    学校英語では、動詞で始まる文を、みんな「命令文」と呼びます。
    でも、もっと穏やかにその動作を促している場合が多いのが事実。

    このタイトルは、「I'd like you to meet Joe Black.」の短縮版。
    「ジョー・ブラックに会っていただきたい⇒紹介しよう」の意味。


  ⇒ 寿命を目前にひかえた大富豪(アンソニー・ホプキンス)に、
    ハンサムな死神(ブラッド・ピット)が、お迎えにきました!

    アンソニーに猶予期間を与えて、人間界の案内をさせますが、
    取締役会議から家族の食事まで、アンソニーにまとわりつき、
    文字どおり「正体をバラすと命はないゾ」と脅す死神ブラピ。

    カマやドクロ付き死神でなく、なんと見かけはハンサム青年!

    何度か出てくる紹介シーンは、ごく自然で勉強になりますよ!


  ⇒ 初対面の挨拶のキホン形は、「meet」入りの、
    「Nice to meet you.(はじめまして)」です!

    「meet」の他に「see」=「会う」もあります。
    初対面の挨拶が「meet」で、次からは「see」。

初対面:Nice to meet you.(よろしく)
次から:Nice to see you.(まいどです)



  ⇒ では、実際に紹介シーンを見ていきますので、
    「meet」入りの挨拶フレーズを覚えましょう!

    なお、下記引用で、カッコ内はDVDの再生時間、
    台詞の話し手は、次のとおりです。

    J: ジョー・ブラック(ブラッド・ピット)
    B: ビル・パリッシュ(アンソニー・ホプキンス)
    A: ビルの娘アリソン
    S: ビルの娘スーザン(クレア・フォーラニ)


  ⇒ ビルと死神(まだ名前は未定)の交渉が終わり、
    家族の食事の席にやってきて、
    死神は、ビルの家族に初対面の挨拶をします。

    ♪引用(0:35:08)

J: How nice to meet you.

    「nice」に「how」をつけて、
    「お会いできて“なんて”光栄なことでしょう!」
    と直訳できますが、キホン形「Nice to meet you.」よりも
    丁寧な雰囲気がする、ぐらいの感じで覚えておきましょう。


  ⇒ さ、ビルは、この死神を、旧知のように紹介しなきゃです!

    ♪引用(0:35:43)

B: This is... Joe.

    「This is(こちらは)」と言い出しつつ、名前を考えます。
    ごく普通の青年らしい(?)名前「Joe」を思いつきました!

    家族から、ジョーの「family name(姓)」を尋ねられます。

    ♪引用(0:36:04)

B: .............. (thinking) .............. Black.

    死神だから「Black(ブラック=黒)」を思いつきましたが、
    なんと、「Joe」と「Black」の間に、21秒もの時間が経過!


  ⇒ 娘のうち、姉の方のアリソンが、キホン形で答えています。

    ♪引用(0:37:07)

A: Nice to meet you, Mr. Black.



  ⇒ 途中から、アリソンの妹スーザンが同席しますが、
    その日の朝ナンパしてきた青年が家族の中にいて、
    「Joe」という名で親しく呼ばれていることにビックリ!

    初対面ではないので、少しくだけた調子で質問をします。

    ♪引用(0:39:32)

S: Incidentally, Joe what?
= ところで、ジョー・何さんなの?

J: Black.
= ブラックだよ。



  ⇒ ブラピが、厨房でピーナッツ・バターを舐めるシーンは、
    映画史上に残る名場面だと、勝手に思い込んでいますが、
    料理人と初めて会うとき、そして別れるときの挨拶では、
    やはり、両方とも「meet」を使っていますよ。

    ♪引用(0:43:05;初対面)

J: Hello. I'm Joe Black. It's nice meeting you.

    ♪引用(0:44:54;別れ際)

J: And I thoroughly enjoyed meeting you all.



  ⇒ あと、0:54:32 時点では、ブラピの発音で、
    キホン形挨拶、「Nice to meet you.」が聴けます♪


  • こんな『タイトル英語』を、メールでも読んでみたい方は、まぐまぐ殿堂入りメルマガ(無料)に登録してくださいね!
☞ メールアドレス:
Powered by まぐまぐ! 

ヒラメキ例文

A: I want you to meet my parrot Polly.
B: Nice to meet you, Polly.
P: Nice to meet you, Polly. Morning! Hello! Goodbye!

A:私のペット、オウムのポリーよ、ヨロシクね。
B:はじめまして、ポリーちゃん。
P:ハジメマシテ、ポリーチャン。オハヨ! コンニチハ! サヨナラ!

英題の発音へ 視聴ヘルプ 発音ヘルプ



参考外部サイト

※禁断の英文法怪説 by 福光 ⇒

他動詞+固有名詞(男性名)+固有名詞(姓)
V+O
一見、命令文だが、先頭に「I'd like you to」が省略されていると解釈できる。

※文法アレルギーの方の目に付かぬよう、コソコソ解説しています(^^;)



コメント(2件)

福光潤 — 2006年 08月 20日, 09:28

やたらとドアップで長まわしの多い、アートフィルムのような約3時間でしたが、福光はクレア・フォーラニの顔に釘付け、妻はもちろんブラピの顔に釘付け(笑)。アンソニー・ホプキンスもちょっと軽めですが、素晴らしい演技でしたよ。
ライトなファンタジーで、生きることの素晴らしさを体感させてくれます。最後の方で、『この素晴らしき世界』や『虹の彼方に』の曲が流れるのもベタですがニクい演出。かなり気に入りました!

しんまん — 2009年 12月 06日, 14:11

やっぱクレア・フォーラニにクギ付けですよね(笑)。


今見返してもクギ付けやね~。めっちゃ時間差レスで失礼!w(福光潤 2016年 09月 04日, 23:04)
コメント: 
投稿者名: 
コード入力 873

コード入力の数字はスパム防止用です。半角で入力してください。
✦本文に含められるURLは1個まで。超えると投稿エラーとなります。
✦お手数ですが投稿エラーに備えて、投稿前にコメント文をコピーしておいてください。
✦変更・削除依頼は、「コメント編集・削除依頼」よりご連絡ください。



このエントリーをはてなブックマークに追加


Sponsored Links

⇒ データベースのメニューにもどる
⇒ 無料メルマガ(いつでも解除可)