ホーム 無料メルマガ 日刊タイトル英語 第944号 種の起源

日刊タイトル英語 第944号 種の起源

まぐまぐ殿堂入りメールマガジン『日刊タイトル英語』

無料メルマガ『日刊タイトル英語』バックナンバー

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
日刊タイトル英語  2019/12/29 第944号
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    起源の英単語の起源は?
…………………………………………………


【邦題】

種の起源



【英題】

On the Origin of Species



【発音】

発音+例文を、音声でどうぞ!
https://title-eigo.com/Database/OnTheOriginOfSpecies#Hatsuon



【意味】

種の起源について



【作品】

1859年/イギリス/本/学術、生物学、進化論
著者:チャールズ・ダーウィン(Charles Darwin)
翻訳者:渡辺政隆(光文社)

★ レビュー動画を見る?
https://title-eigo.com/Database/OnTheOriginOfSpecies#WatchIt
31秒目等で英題が発音されます。



【コラム】

*今回のお題は、
チャールズ・ダーウィンが提唱した
「進化論(theory of evolution)」
の起源となる著作『種の起源』です。


まず、『種の起源』という邦題
からは想像しにくいのですが、
英題のしょっぱなに
「On」がいきなり登場します。

この「on ~」には、
「about ~」と同じく
「~について」という意味があります。

on ~ =専門的な内容について
about ~ =一般的な内容について

というふうな目安で使い分けられます。

よくよく考えてみると『種の起源』は
学術論文の部類に入りますから、
「種の起源について」
というネーミングはふさわしいですね。


ほかにも硬い言い方があるので、
あわせて覚えておきましょう。

concerning ~, regarding ~ = ~に関して



*お次は「Origin」について。
意味は「起源、原点、由来」です。

この「origin」自体の由来は、ラテン語の
「oriri = 太陽が昇る、始まる」。
「オリリ」と読むのでしょうか、
なんだか可愛らしい響きです♪


「origin」由来の派生語も見ておきましょう。

「-al」を付けて形容詞にすると、
「独創的な」という意味の
「original」になります。
そこが発祥の原点なので、
オリジナルなんですね。

また、オリジナルなものを生み出すことを
「originate」という動詞で表し、
そうする人を
「originator=元祖、創始者」といいます。



*「種」を意味する「species」には、
変わった点が2つあります。

まず、「-cies」の発音が例外的で、
「she's」のように発音します。

綴りどおりの読み方(「sees」と同じ発音)
もアメリカでは聞かれますが、
基本となる読み方は
例外的な/sh/の発音の方。


もうひとつは、
もともと「-s」で終わっている単語なのに、
単数形でもあり複数形でもあるという点。

これは「単複同形」と呼ばれ、
「sheep(羊)」と同じく、
複数形のときにわざわざ「-s」を
追加しなくてもいい語なのです。

『種の起源』は、人類だけでなく
いろんな生物種の起源に迫る論文なので、
タイトル英語『On the Origin of Species』
の「Species」が複数形となっています
(「Origin」の方は不可算扱い)。


「species」の使用例:
new species = 新種
extinct species = 絶滅種
endangered species = 絶滅危惧種


「species」の略語:
単数形:sp.
複数形:spp.



*最後に、『種の起原』の長~い正式題名も
覚えておけば語彙が増えますよ!

英題:On the Origin of Species by Means of Natural Selection, or the Preservation of Favoured Races in the Struggle for Life

邦題:自然選択の方途による、すなわち生存競争において有利なレースの存続することによる、種の起原

means = 手段
by means of ~ = ~による
natural selection = 自然選択、自然淘汰
preservation = 保存、維持
favoured (英), favored (米) = 恵まれた
race = 〔生物学〕レース、系統(種のまとまり)
struggle = 奮闘
life = 生きること、生存

「(生存競争において有利な)レース」
なんてカタカナで書かかれると、
「競争」という意味の「race」かな
と勘違いしそうですね。
ここでは、一般的に「人種」という意味で
用いられる別由来の「race」の方です。


…詳しくは専用ページをお読みください♪



【ひとこと】

「オリジン弁当」というネーミングは
「オリジナル弁当」が起源なのではないか
と睨んでいます。

メルマガ『タイトル英語』の起源は
創刊号の『ライムライト』ですね↓
https://title-eigo.com/Database/Limelight

ということで、本年も『タイトル英語』を
ご愛読いただきありがとうございました♪

きたる令和2年=2020年、
あなたの英語学習スキルが
さらなる飛躍を遂げますように!

(タイトル英語編集部一同)



Sponsored Links


無料メルマガ『日刊タイトル英語』登録

日刊タイトル英語まぐまぐ殿堂入り!

語学・資格>英語>初心者向け

★“タイトル英語”~ 映画・音楽・本などの英語タイトルと日本語タイトルをくらべて、手軽に楽しく英語学習! 現役翻訳者・福光潤英検1級TOEIC 955点)と加藤由佳のタイトル英語イスト師弟がトリビアをまじえて英語解説。発音も♪ 福光著書:『翻訳者はウソをつく!』(青春新書)/共著『今日から英語でTwitter つぶやき英語表現ハンドブック』(語研)

発行周期 週刊
マガジンID 0000138615
 |    

『日刊タイトル英語』紹介に戻る





  






↑ ページトップへ