ホーム 無料メルマガ 日刊タイトル英語 第933号 ゴールド・ラッシュ

日刊タイトル英語 第933号 ゴールド・ラッシュ

まぐまぐ殿堂入りメールマガジン『日刊タイトル英語』

無料メルマガ『日刊タイトル英語』バックナンバー

台風の被害に遭われた方々に、
  心よりお見舞いを申し上げます。
       ~タイトル英語編集部一同

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
日刊タイトル英語  2019/10/13 第933号
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 金に目がくらむのは世の常、人の常?!
…………………………………………………


【邦題】

ゴールド・ラッシュ



【英題】

Gold Rush



【発音】

発音+例文を、音声でどうぞ!
https://title-eigo.com/Database/GoldRush#Hatsuon



【意味】

ゴールドラッシュ

故郷の町並みが、一攫千金を
狙うやつらに壊されていく……



【作品】

2018年/アメリカ/
 音楽/オルタナ、比喩
歌・演奏:
 デス・キャブ・フォー・キューティー
  (Death Cab for Cutie)
作詞・作曲:
 ベン・ギバード(Ben Gibbard)、
 デイヴ・デッパー(Dave Depper)、
 オノ・ヨーコ(Yoko Ono)
9thアルバム『サンキュー・フォー・
 トゥデイ(Thank You for Today)』
  からの1stシングル曲
全米アダルト・オルタナティブ・
 ソング・チャート第1位!

★ MV動画を見る?
https://title-eigo.com/Database/GoldRush#WatchIt
6秒目等で英題が発音されます。



【コラム】

*まず、「gold rush」という英語は、
金(gold)が発見された地を目指して
一攫千金を狙う採掘者が殺到(rush)
する金採掘ブーム全般を意味します。


いろんな時代にいろんな地域で
ゴールドラッシュが起こっていますが、
一番有名なゴールドラッシュといえば
「カリフォルニア・ゴールドラッシュ
(California Gold Rush)」でしょう。

1848年1月24日にアメリカ合衆国
カリフォルニア州で金が発見されてから
1855年まで約30万人が押し寄せた
ゴールドラッシュです。


特に1849年の熱狂はすさまじく、この年に
カリフォルニアに移動した採掘者たちを
「Forty-Niner (49er)」と呼びます。

日本語では「49年者、49年組」
というような訳語があてられています。

現在のNFL(ナショナル・
フットボール・リーグ)チーム名
「サンフランシスコ・フォーティナイナーズ
(San Francisco 49ers)」
の由来にもなっています。


結局、ゴールドで儲かった人は
ほんの一握りいるかいないかであって、
それより採鉱夫たちに破れにくいズボンを
販売したリーバイス(Levi's)が真の成功者
だった、というのは有名な話ですね。


ちなみに、チャップリン映画
『黄金狂時代(The Gold Rush)』(1925年)
は、1896年~1899年のカナダで起こった
クロンダイク・ゴールドラッシュが
舞台となっています。



*デスキャブの楽曲『ゴールド・ラッシュ』
では、ヴォーカルのベン・ギバードが、
故郷シアトルの町並みが成長企業の
流入などで徐々に変わりゆく様を、
上記のようなゴールドラッシュに
なぞらえて歌っています。

歴史上の事象を指すキーワードを
比喩・アナロジーとして用いる
パターンの作品といえます。


『ゴールド・ラッシュ』のMVは、ただベンが
街角を歩いているだけの映像に見えますが、
よく見ると行きかう人たちが
数十年前のファッション姿から
現代のスマホながら歩き姿へと
変遷していますね。

居心地のよい居場所が、
じわじわと押し寄せてくる成金予備軍に
乱されてゆく不安が感じられます。



*タイトル英語『Gold Rush』が
46回も歌われている楽曲とのこと。

えっ? どこどこ?

と耳を凝らして聴いてみると、
なんと最初からずっとバックで
歌っているじゃないですか!

ずっと「Go! Go!」だと思っていました…。


ちなみに、イントロから全体を支配する
病みつきリズムは、Yoko Onoの1971年の
アルバム『Fly』に収録された楽曲
『Mindtrain』(17分近くある!)を
サンプリングしたものです。
https://youtu.be/PK-k0kCSJcM


このリズムと
「Go! Go!」に聞こえる「Gold Rush」
の繰り返しは、楽曲『Gold Rush』が
病みつきになる一因ですが、
金鉱探しでザクザク掘っている音にも
聞こえてきませんか?

「Gold Rush」の効果的なリピートが、
気づかないところで現代版ゴールドラッシュ
に巻き込まれているかもしれないという
世界観を見事に演出しています。


自分が住み慣れた土地や思い出の場所も、
長い目で見ると所詮は
刹那的な空間かもしれない。

けど、変わってほしくない。

そんな葛藤が、
忍び寄るゴールドラッシュのザクザク音
=『Gold Rush』×46回にうずもれながら、
"Please don't change"
という声とともに
フェードアウト
していきます…。



…詳しくは専用ページをお読みください♪



【ひとこと】

Gold Rush, Gold Rush, Gold Rush...

この記事で「Gold Rush」を
46回書いてみたかったけど、
日英あわせても全然足りません…。

(福光潤)



Sponsored Links


無料メルマガ『日刊タイトル英語』登録

日刊タイトル英語まぐまぐ殿堂入り!

語学・資格>英語>初心者向け

★“タイトル英語”~ 映画・音楽・本などの英語タイトルと日本語タイトルをくらべて、手軽に楽しく英語学習! 現役翻訳者・福光潤英検1級TOEIC 955点)と加藤由佳のタイトル英語イスト師弟がトリビアをまじえて英語解説。発音も♪ 福光著書:『翻訳者はウソをつく!』(青春新書)/共著『今日から英語でTwitter つぶやき英語表現ハンドブック』(語研)

発行周期 ぼちぼち日刊
マガジンID 0000138615
 |    

『日刊タイトル英語』紹介に戻る





  






↑ ページトップへ