ホーム > 無料メルマガ > 日刊タイトル英語 第899号 歌の贈りもの

日刊タイトル英語 第899号 歌の贈りもの

まぐまぐ殿堂入りメールマガジン『日刊タイトル英語』

無料メルマガ『日刊タイトル英語』バックナンバー

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
日刊タイトル英語  2018/02/12 第899号
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 どんな歌が贈られてくるのでしょう?
…………………………………………………


【邦題】

歌の贈りもの



【英題】

I Write the Songs



【発音】

発音+例文を、音声でどうぞ!
https://title-eigo.com/Mag/Nikkan0899#Hatsuon



【意味】

⇒ 私は歌を書く

⇒ 世界中で愛される歌を書くのが私の使命



【作品】

1975年/アメリカ/音楽/ポップ、ボーカル
作詞・作曲:ブルース・ジョンストン
歌:バリー・マニロウ(Barry Manilow)
全米チャート2週連続第1位!
ビルボード誌1976年年間ランキング第13位!
1977年度グラミー賞の最優秀楽曲賞を受賞!

★ ライヴ動画を見る?
https://title-eigo.com/Mag/Nikkan0899#WatchIt
※39秒目や44秒目等で英題が発音されます。



【コラム】

*いろんなアーティストにカバーされてきた
名曲ですが、特にポピュラーソングを作るの
が好きな人にとっては素敵なメタソング
(=歌について歌った歌)です。


*タイトル英語『I Write the Songs』
については、「the」が気になります。

もし「write」が習慣・職業をあらわす
現在形なら「I write songs.
(作曲家として歌を書いています)」
となるところ。

一方、特定の歌の作曲歴を語るなら過去形で
「I wrote the songs.(それらの楽曲群は
私が書きました)」というべきところ。

そこで歌を聴くと「I write the songs 
that ~」や「I write the songs of ~」
のように限定部が付くので、先行詞の
「songs」に「the」が付くことに納得します。

♪歌詞引用
I write the songs that make the whole world sing
I write the songs of love and special things
I write the songs that make the young girls cry
I write the songs, I write the songs

僕が書くのは 世界中のみんなに歌われる歌
僕の歌のテーマは 愛とか特別なこととか
僕が書いた歌に 若い娘たちが涙する
そんな歌を僕は書く それが僕の使命
            (飛訳:福光潤)


*フランク・シナトラは、
『I Sing the Songs』
というタイトルでカバーしています。

職業が曲書きではなく歌手であるために動詞
「Write」を「Sing」に変更していますね。

そもそも『歌の贈りもの』は、ザ・ビーチ・
ボーイズのブルース・ジョンストンが
作曲したもので、バリー・マニロウの作曲
ではありません。でも、バリーも歌を作る人
なので、『I Write the Songs』という
タイトルと歌詞に激しく共感したのでしょう。


*ちなみに、『歌の贈りもの』という邦題に
ある「贈りもの」を英語にすると「gift」に
なります。英語の「gift」は「天職」をも
意味します。そして、英題中の「write」が
現在形で表現するのは「職業」。よって、
原題の味がうまく訳出されているといえますね!

…詳しくは専用ページをお読みください♪



【ひとこと】

今朝の夢。

乗り組んでいた漁船のブリッジにいた
バリー・マニロウから、
「ビージーズに新曲を書いてあげたから、
 彼らに歌唱指導しといてくんない?」
と指示されたので、ビージーズの3人から
譜面を見せてもらいました。

その曲名がコレ。

『Believe in What You May Be』

不確定な未来像でも受け入れていこうよ、
ということかな。暗示的なタイトルですね。
(Googleでフレーズ検索ではヒットなし^^;)

(福光)



無料メルマガ『日刊タイトル英語』登録(いつでも解除可)

日刊タイトル英語まぐまぐ殿堂入り!

語学・資格>英語>初心者向け

★“タイトル英語”~ 映画・音楽・本などの英語タイトルと日本語タイトルをくらべて、手軽に楽しく英語学習! 現役翻訳者・福光潤英検1級TOEIC 955点)と加藤由佳のタイトル英語イスト師弟がトリビアをまじえて英語解説。発音も♪ 福光著書:『翻訳者はウソをつく!』(青春新書)/共著『今日から英語でTwitter つぶやき英語表現ハンドブック』(語研)

発行周期 ぼちぼち日刊
マガジンID 0000138615
 |    

『日刊タイトル英語』紹介に戻る

↑ ページトップへ