ホーム 無料メルマガ 日刊タイトル英語 第932号 タイムマシーンにお願い

日刊タイトル英語 第932号 タイムマシーンにお願い

まぐまぐ殿堂入りメールマガジン『日刊タイトル英語』

無料メルマガ『日刊タイトル英語』バックナンバー

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
日刊タイトル英語  2019/10/06 第932号
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
物理学用語由来の一般表現をSF的に再解釈
…………………………………………………


【邦題】

タイムマシーンにお願い



【英題】

Quantum Leap



【発音】

発音+例文を、音声でどうぞ!
https://title-eigo.com/Database/QuantumLeap#Hatsuon



【意味】

量子の跳躍=タイムスリップ

多量の跳躍=大躍進



【作品】

1989~1993年/アメリカ/
 TVドラマ/SF、タイムスリップ
原案,脚本,製作総指揮:
 ドナルド・P・ベリサリオ
出演:スコット・バクラ、
 ディーン・ストックウェル
第5シーズンまでありますが、
日本語版は第2シーズンまで。
エミー賞4回、ゴールデングローブ賞2回受賞!

★ OP動画を見る?
https://title-eigo.com/Database/QuantumLeap#WatchIt
7秒目で英題が発音されます。



【コラム】

*主人公の量子物理学者サム・ベケットが、
タイムマシンの実験でしくじってしまい、
行き先不明のタイムスリップに巻き込まれ、
ホログラムの同僚アルと二人三脚で奮闘!
はたして現時点(1999年)に戻れるのか!

そんなファミリー向けSFドラマです。

1953以降の近い過去が舞台となっていて、
アメリカ近代史と各時代の英語が学べます。

たとえば、キング牧師の時代の「黒人」は
「nigger」と軽蔑的に呼ばれていますが、
主人公が「black」と言っても通じない!

古い英語との差異に注目した脚本ですが、
このドラマ製作から25年たった今、さらに
「black」→「African-American」
または「Afro-American」
といった表現に変わってきています。

そんなことに気づいたり、
翻訳者の苦労を感じたりして、
とても面白いTVドラマシリーズでした!



*ということで、そんな
『タイムマシーンにお願い』
のタイトル英語について見ていきましょう。

まず、「quantum」は物理学用語で
「量子(りょうし)」のことです。
それが何なのか(興味はあるけど)
正直よくワカリマセン…。

※量子力学の概要はコチラ↓
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%87%8F%E5%AD%90%E5%8A%9B%E5%AD%A6


次に、「jump」と同じ意味の「leap」が
「quantum」にくっついて
「タイムスリップ」のことだと言われても、
やっぱりよく分かりません!

が、こちらについては、
今回のタイトル英語で解決できます。



*「leap」は、
「jump」より形式ばった単語です。

英語学習の中級レベルぐらいなら、
「leap」といえば
次の言葉を思い浮かべる方も
多いのではないでしょうか。

§名言引用
That's one small step for man,
but one giant leap for mankind.
これはたった1人の小さな1歩にすぎない。
しかし人類全体にとっては大躍進である。
(超飛訳:福光潤)

1969年7月20日、月面に降り立った
アームストロング船長の台詞です。

このとき、彼は
「for a man(1人の人間にとって)」
のつもりで
「for man(人類にとって)」
と言い間違えてしまいました。

「a」があるのとないのとで、
1人と77億人の差が出てしまいます!

でも、中継に釘付けの英語ネイティブたちは、
ちゃんとメッセージを理解していたそうです。

文法より、ハートが勝つんですね、言葉って。



*「quantum」は、そもそも「量」を意味する
「quantity」と同語源です。
さらに辞書には、「quantum」の意味として、
名詞の「量子」だけでなく、
「画期的な」という形容詞もあります。

なので、
アームストロング船長の名言に出てくる
「giant leap」に似た表現として、
「quantum leap」も「大躍進、大きな飛躍」
となることがわかりますね。

この日常会話フレーズ「quantum leap」が
物理学用語「quantum(量子)」を含むことに着目し、
「タイムスリップ」と解釈し直したのが、
SFドラマのタイトル英語『Quantum Leap』!

タイムスリップで別の時代へジャンプすることを
特に「leap=リープする」と言えば
SFらしく聞こえます。



*ちなみに、
邦題『タイムマシーンにお願い』は、
サディスティック・ミカ・バンドの
楽曲タイトル『タイムマシンにおねがい』
(1974年)に似ていますが、
表記が微妙に違います。

『タイムマシーンにお願い』は、
そんな時代とジャンルを超えた
《過去のヒット作あやかり型の邦題》
でしたが、残念ながら日本語版製作が
第2シーズンで打ち切られてしまい、
現在も続きが見られないまま…。

できることなら1989年に戻って、
『偶然のタイムトラベラー!?』とかに
邦題を変えたら? って言いに行きたい!

そうタイムマシンにお願いしたいものです!



…詳しくは専用ページをお読みください♪



【ひとこと】

仕事の締め切り直前に、いつも思います。

過去へリープし、着手直後の自分に、

現在の超アセっている自分の姿を

見せたい、と。

(福光潤)



Sponsored Links


無料メルマガ『日刊タイトル英語』登録

日刊タイトル英語まぐまぐ殿堂入り!

語学・資格>英語>初心者向け

★“タイトル英語”~ 映画・音楽・本などの英語タイトルと日本語タイトルをくらべて、手軽に楽しく英語学習! 現役翻訳者・福光潤英検1級TOEIC 955点)と加藤由佳のタイトル英語イスト師弟がトリビアをまじえて英語解説。発音も♪ 福光著書:『翻訳者はウソをつく!』(青春新書)/共著『今日から英語でTwitter つぶやき英語表現ハンドブック』(語研)

発行周期 ぼちぼち日刊
マガジンID 0000138615
 |    

『日刊タイトル英語』紹介に戻る





  






↑ ページトップへ