ホーム > 無料メルマガ > 日刊タイトル英語 第901号 マイ・ファニー・ヴァレンタイン

日刊タイトル英語 第901号 マイ・ファニー・ヴァレンタイン

まぐまぐ殿堂入りメールマガジン『日刊タイトル英語』

無料メルマガ『日刊タイトル英語』バックナンバー

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
日刊タイトル英語  2018/02/14 第901号
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 え? ヴァレンタインは男性の名前?
…………………………………………………


【邦題】

マイ・ファニー・ヴァレンタイン



【英題】

My Funny Valentine



【発音】

 発音+例文を、音声でどうぞ!
http://title-eigo.com/Mag/Nikkan0901#Hatsuon



【意味】

私のおかしなヴァレンタイン(男性名)

見てると笑ってまう、私のヴァレンタイン!



【作品】

1937年/アメリカ/音楽/ジャズ、スタンダード
作詞:ロレンツ・ハート
作曲:リチャード・ロジャース
歌・演奏:フランク・シナトラ、
マイルス・デイビス、チェット・ベイカー、
エラ・フィッツジェラルド、サラ・ヴォーン等

★ シナトラが歌っているTVライヴ動画を見る?
http://title-eigo.com/Mag/Nikkan0901#WatchIt
※1秒目で英題が発音されます。



【コラム】

*なんと「Valentine(ヴァレンタイン)」
は男性名なんです! なんだか女性っぽい
イメージを持っていた、という方も多い
のではないでしょうか?

イタリア語名の「Valentino(バレンチノ、
ヴァレンティノ)」と同じ系統の固有名詞で、
「strong(強い)」という意味のラテン語
由来です。

「バレンタイン・デー(Valentine's Day)」
の由来であるローマ司祭「ウァレンティヌス
(Valentinus)」、通称「聖バレンタイン
(St. Valentine)」も、男性でした
(2月14日に殉教死)。


*楽曲『My Funny Valentine』は、ジャズ・
スタンダード・ナンバーとして広く歌われて
きました。トランペットなどの
インストゥルメンタル・ナンバーとしても
有名で、いずれもシリアスかつダイナミック
に演奏されるのが定番です。

なのに、タイトルには「Funny(可笑しい)」
が入っています。あれ? どういうこと? 
曲の雰囲気はちっとも「funny」じゃありません。
ちょっと歌詞の内容を見てみましょうか。

♪歌詞引用
Your looks are laughable
Unphotographable
Yet you're my favourite work of art

あなたを見ると 笑えるのよ
写真に撮れたものじゃないわ
だけど あなたは 私のお気に入りアート
(飛訳:福光潤)

「ブサイクだけど、そのままが好きだから!」
という、曲調からは伺えない、
ヒドイ内容です(笑)

ちなみに、「unphotographable」は
「写真撮影が不可能な⇒写真映えしない」
ですが、今なら
「uninstagrammable」(インスタ映えしない)
に入れ替えて歌えそうです。


*ということで、笑える
「Valentine(ヴァレンタイン)」君
に向かって歌っているわけですが、
はたしてバレンタイン・デー(Valentine's Day)
とのカラミはあるのでしょうか?

♪歌詞引用
But don't change a hair for me
Not if you care for me
Stay little Valentine, stay 
Each day is Valentine's Day

でも私を喜ばそうって 髪1本だって変えちゃダメ
私のことが好きなら なおさらやめて
私の愛しいヴァレンタインのままでいてね
私にとって毎日がバレンタイン・デーなんだから!
(飛訳:福光潤)

こんなふうに締めくくられています!
シャレた歌ですね♪

…詳しくは専用ページをお読みください♪



【ひとこと】

「日本は、義理チョコをやめよう」。

そんなGODIVAの広告が反響を呼びましたが、

「学生は、友チョコをやめよう」

とも言いたいところです。

娘の中学校は、期末テスト前の期間なのに

チョコを持ち込んでいないかの持ち物検査!

What a funny Valentine's Day! ですね(笑)

Anyway, happy Valentine's Day!!

(福光)



無料メルマガ『日刊タイトル英語』登録(いつでも解除可)

日刊タイトル英語まぐまぐ殿堂入り!

語学・資格>英語>初心者向け

★“タイトル英語”~ 映画・音楽・本などの英語タイトルと日本語タイトルをくらべて、手軽に楽しく英語学習! 現役翻訳者・福光潤英検1級TOEIC 955点)と加藤由佳のタイトル英語イスト師弟がトリビアをまじえて英語解説。発音も♪ 福光著書:『翻訳者はウソをつく!』(青春新書)/共著『今日から英語でTwitter つぶやき英語表現ハンドブック』(語研)

発行周期 ぼちぼち日刊
マガジンID 0000138615

Email:

Email:

Powered by まぐまぐ!

⇒ 『日刊タイトル英語』紹介に戻る