執筆者:福光潤
作成日:2008/07/04
コメント(1件)
↓当ページの目次を

邦題

  • トゥルーライズ

ふりがな

  • とぅるーらいず

英題

  • True Lies

発音

  • とぅRゥいず
英語例文へ 視聴ヘルプ 発音ヘルプ

意味

True Lies
本当の 嘘(1つじゃない)

⇒ ホントのウソ
⇒ ウソじゃないウソ
詳しい英語解説は後半のコラムへ

作品

★『トゥルーライズ』の予告編動画(YouTube)
2分0秒目で『True Lies』が発音されます。

Sponsored Links



コラム

  ⇒ いま手がけている翻訳で、

「要因は~にある」→「The cause lies in~」

    というのが頻出していたので、
    ふとオキシモロンの映画タイトルを思い出しました。

    といっても、上記英文の「lies」は「横たわる」の「lie」。
    『True Lies』の方は、「ウソ」の「lie」で語源も違います。

    「a white lie」=「白いウソ」⇒「罪のないウソ」
    「a black lie」=「黒いウソ」⇒「悪意のあるウソ」

    などと、道徳の観点から語られることの多い「ウソ」ですけど、
    「true(本当の)」なんて言葉をつけられた日には、茫然自失!

    「本当についたウソ」と、“行動”が本当とも解釈できますが、
    「true」は“内容”がウソじゃなく真実の、という意味が基本。

    本日のツッコミ: ウソじゃないウソって、ホント? ウソ?


  ⇒ このヒネリ&ツッコミが、「オキシモロン」効果!

    英語で考えても、日本語で考えても、矛盾している表現
    そして、むちゃくちゃツッコミ甲斐のある表現
    実は、それを狙って、
    わざと互いに矛盾する言葉を組み合わせている表現
    日常それと気づかずに使ってしまっている矛盾表現

    などなど、このような表現を、
    「oxymoronオキシモロン or オクシモロン)」
    と言います。

    『翻訳者はウソをつく!』の原爆投下ページに登場する、
    「No comment.」=「ノーコメント」というコメントも、
    実は、オキシモロン!
    「ノーコメント」と言うことで、
    すでにコメントをしたことになります(=コメントあり)。
    “行動”と“内容”の矛盾ですね。

    あと、修学旅行での消灯直後の会話:

A:「もう寝た?」
B:「うん」

    これなんかも、同様のオキシモロン(笑)


  ⇒ 最後に、『True Lies』の続編タイトルを考えてみました。

『False Truths』(=正しくない真実)

    単に反対コトバにしてみただけですケド。。。


  • こんな『タイトル英語』を、メールでも読んでみたい方は、まぐまぐ殿堂入りメルマガ(無料)に登録してくださいね!
☞ メールアドレス:
Powered by まぐまぐ! 

ヒラメキ例文

Translators tell lies. I'm one of them. Is it true?

翻訳者はウソをつく。ボクはその翻訳者。って、ホント?

英題の発音へ 視聴ヘルプ 発音ヘルプ



参考外部サイト

※禁断の英文法怪説 by 福光 ⇒

形容詞+名詞(複数)
矛盾する単語が組みあわさったフレーズ=オキシモロン(oxymoron)の例。

※文法アレルギーの方の目に付かぬよう、コソコソ解説しています(^^;)



コメント(1件)

福光潤 — 2008年 07月 03日, 23:59

さて、問題です!
「この文はウソである」
という文の内容は、ウソ? ホント?
衝撃の解答は、↓の本の「あとがき」に書いておきました♪
『翻訳者はウソをつく!』

コメント: 
投稿者名: 
コード入力 916

コード入力の数字はスパム防止用です。半角で入力してください。
✦本文に含められるURLは1個まで。超えると投稿エラーとなります。
✦お手数ですが投稿エラーに備えて、投稿前にコメント文をコピーしておいてください。
✦変更・削除依頼は、「コメント編集・削除依頼」よりご連絡ください。



このエントリーをはてなブックマークに追加


Sponsored Links

⇒ データベースのメニューにもどる
⇒ 無料メルマガ(いつでも解除可)