執筆者:福光潤
作成日:2010/06/03
コメント(1件)
↓当ページの目次を

邦題

  • 羊たちの沈黙

ふりがな

  • ひつじたちのちんもく

英題

  • The Silence of the Lambs

発音

  • £ぁいれんすv£ぁレァんむず

意味

The Silence of the Lambs
~の沈黙、

~が黙ること

特定の子羊たち、

(夢にでてくる)子羊たち

⇒ あの子羊たちの沈黙
⇒ いつも夢で騒いでいる子羊たちが黙ること
詳しい英語解説は後半のコラムへ

作品

★『羊たちの沈黙』の予告編動画(YouTube)

Sponsored Links



コラム

  ⇒ 「羊」=「sheep(シープ)」がメジャーですが、
    羊の肉といえば、「ラム肉」を思いつくでしょう。

    では、羊の仲間について、単語をまとめてみます。

  ┌――――――――――――――――――――――――――――――┐
  │         羊 = sheep(シープ)           │
  │ ┌――――――――――――┬―――――――――――――┐ │
  │ │オスの羊 = ram(ラム) │             │ │
  │ │            │羊の肉 = mutton(マトン)│ │
  │ │メスの羊 = ewe(ユー) │             │ │
  │ ├――――――――――――┼―――――――――――――┤ │
  │ │  子羊 = lamb(ラム)│子羊の肉 = lamb(ラム) │ │
  │ └――――――――――――┴―――――――――――――┘ │
  └――――――――――――――――――――――――――――――┘

    なんと!
    ラムには大人と子供の2種類あったんですね!
    しかも、みんなのニガテな「L/R」の発音!

    あと気になるのが「lamb」の末尾「-b」です。
    いくらお尻についてるからといって、
    「ブッ」って読まないでね!(笑)

    発音しない「Silent B」なのです。

    他の例では「comb(コうむ;櫛)」。
    ※昆布ではありません。(^◇^)


  ⇒ では、「lamb」に注目!

  [1] 「the Lamb of God」=「神の子羊」
    すなわち、イエス・キリストのこと。
    まず、この聖書的な意味があります。

  [2] 「lamb」は生け贄に捧げられる動物。
    このことも聖書に出てくるようです。

  [3] 「おとなしい、無邪気な人」という意味もあります。
    そこから、「被害者」という意味に派生しています。

  [4] さらに、「lambskin(ラムスキン)」も連想します。
    生後2か月までの子羊のなめし革のことだそうです。

    こんな「lamb」の意味合いをつかんでおくと、
    小説も映画も、理解が深まりますよ!


  ⇒ 主人公クラリスが傷ついた幼少期を回想するときに、
    子羊が出てきて、「メェーメェー」という鳴きます。
    そう、作品中では、沈黙(silence)していません!

    羊の鳴き声は、英語で「baa baa (バーバー)」です。

    捜査中でも、クラリスの頭の中では、子羊が、baa baa バーバー baa b
    aa バーバー baa baa バーバー baa baa バーバー baa baa バーバー b
    aa baa バーバー baa baa バーバー baa baa バーバー baa baa バーバ
    ー baa baa バーバー baa baa バーバー baa baa バーバー baa baa バ
    ーバー baa baa バーバー baa baa バーバー baa baa バーバー baa ba
    a バーバー baa baa バーバー baa baa バーバー baa baa バーバー ba
    a baa バーバー baa baa バーバー baa baa バーバー baa baa バーバ
    ー baa baa バーバー baa baa バーバー baa baa バーバー baa baa バ
    ーバー baa baa バーバー baa baa と悲鳴をあげているんです!

    実は黙っちゃいない子羊たち(lambs)が、
    クラリスとレクター博士との重要な接点!

    はたして、羊たちに沈黙は訪れるのか!?
    ラストで、博士がクラリスに尋ねます。

Well, Clarice, have the lambs stopped screaming...?

やあ、クラリス、あの子羊たちの悲鳴はもうやんだかい? (訳:福光潤)


  • こんな『タイトル英語』を、メールでも読んでみたい方は、まぐまぐ殿堂入りメルマガ(無料)に登録してくださいね!
☞ メールアドレス:
Powered by まぐまぐ! 

ヒラメキ例文

My daughter said she didn't want to go to school today. I thought she would put up a fight, but she went like a lamb.

娘は今日学校に行きたくないって言ってたの。抵抗するかと思ったけど、おとなしく行ったわ。

英題の発音へ 視聴ヘルプ 発音ヘルプ

関連タイトル



参考外部サイト

※禁断の英文法怪説 by 福光 ⇒

定冠詞+名詞+前置詞+定冠詞+名詞(複数)
前者の「the」は「of ~」で特定される。

※文法アレルギーの方の目に付かぬよう、コソコソ解説しています(^^;)



コメント(1件)

福光潤 — 2010年 06月 03日, 23:06

そういえば、「メリーさんの羊~♪」も「Mary had a little lamb~♪」でしたね! (メリーさんは小さな子羊を飼っていた)

コメント: 
投稿者名: 
コード入力 676

コード入力の数字はスパム防止用です。半角で入力してください。
✦本文に含められるURLは1個まで。超えると投稿エラーとなります。
✦お手数ですが投稿エラーに備えて、投稿前にコメント文をコピーしておいてください。
✦変更・削除依頼は、「コメント編集・削除依頼」よりご連絡ください。



このエントリーをはてなブックマークに追加


Sponsored Links

⇒ データベースのメニューにもどる
⇒ 無料メルマガ(いつでも解除可)