ホーム > データベース > ダ・ヴィンチ・コード

執筆者:福光潤
作成日:2006/10/07
コメント(3件)
↓当ページの目次を

邦題

  • ダ・ヴィンチ・コード

ふりがな

  • だびんちこーど

英題

  • The Da Vinci Code

発音

  • £ぁだVィんちぃうどぅ
英語例文へ 視聴ヘルプ 発音ヘルプ

意味

The Da Vinci Code
ある特定の ダ・ヴィンチ 暗号(記号体系)

⇒ レオナルド・ダ・ビンチが作品に込めた暗号(記号体系)
詳しい英語解説は後半のコラムへ

作品

★『ダ・ヴィンチ・コード』の予告編動画(YouTube)

Sponsored Links



コラム

  ⇒ 本書の翻訳で、「ダ・ヴィンチ」の日本語表記が定着しましたが、
    「ダ・ビンチ」でも、「ダビンチ」でも、まったくかまいません。


  ⇒ フルネームは「レオナルド・ダ・ヴィンチ(Leonardo da Vinci)」。
    イタリア語で、「ヴィンチ村のレオナルド」という意味だそうです。
    ハワイの「Tanaka of Tokyo」という日本食焼肉店と同じ感覚です。


  ⇒ さて、今日のポイント「コード」を解読してみましょう!
    完全に日本語化している「コード」ですが、
    実は、この「コード」、3種類の英語スペルがあります!

  ┌―――┬――――――――┬――――――――――――――――――┐
  │   │        │                  │
  │(1)│   code   │ 暗号、記号体系、条例、決まりごと │
  │   │        │                  │
  ├―――┼――――――――┼――――――――――――――――――┤
  │   │        │                  │
  │(2)│   cord   │ ヒモ、電気コード         │
  │   │        │                  │
  ├―――┼――――――――┼――――――――――――――――――┤
  │   │        │                  │
  │(3)│   chord   │ 和音のコード           │
  │   │        │                  │
  └―――┴――――――――┴――――――――――――――――――┘

   (4) (オマケ)高度   高さの度合い、ギャグのハイレベルさ



  ⇒ 「r」の入っていない(1)は、舌を巻かずに「コウドゥ」と発音。
    舌を巻く「r」入りの(2)(3)と区別できますね。


  ⇒ 「暗号」という単語は他にもありますが、今回の「(1)code」は、
    「コミュニケーションにおけるシグナルやシンボルのシステム」
    などと、英英辞書では説明されています。

    「暗号」だなんて、一言で語っている場合じゃないんです!
    キリンビールの麒麟の絵に、「キ」「リ」「ン」の文字を発見し、
    喜んでいる場合でもないんです(暗号じゃないか、コレ)!

    モールス信号(Morse code)も、消防条例(the fire code)も、
    ドレスコード(dress code;服装の規準)も、
    録画予約のGコード(G-code)も、
    情報をあなたに伝えたくて、
    記号群をシステム化(体系化)したもの。

    ちなみに、「ブレーキランプ5回点滅」で「アイシテル」と
    あなたに伝えるのは、体系化されていない合図であって、
    「サイン(sign)」と言います。


  ⇒ では、邦題のミステリー。
    『ダ・ヴィンチ・コード』の邦題訳で消された「The」の意味は?
    ダ・ヴィンチが作品中に盛り込んだと言われている、
    2000年の歴史とともに体系化された記号群がテーマ。
    他の暗号とは一線を画しているという意味において、
    「The(ある特定の)」が付いた「Code」なんです。


  ⇒ 最後は、ことわざ風にシメましょう!

The Code was not built in a day!
コードは一日にして成らず!


  • こんな『タイトル英語』を、メールでも読んでみたい方は、まぐまぐ殿堂入りメルマガ(無料)に登録してくださいね!
☞ メールアドレス:
Powered by まぐまぐ! 

ヒラメキ例文

The Code was not built in a day!

コードは一日にして成らず!

英題の発音へ 視聴ヘルプ 発音ヘルプ



参考外部サイト

※禁断の英文法怪説 by 福光 ⇒

定冠詞+固有名詞(人名)+名詞
イタリア人名「Da Vinci」の「da」は「of」に相当。

※文法アレルギーの方の目に付かぬよう、コソコソ解説しています(^^;)



コメント(3件)

福光潤 — 2006年 10月 07日, 23:54

早く映画見に行かなきゃ………ン? ゲゲッ! もうDVD出るん?! と、ビックリ。公開された年にDVD化されるなんて、ホントにペースが速くなってきましたよね。

あと、『ダ・ヴィンチ・コード コンプリート・ボックス』(完全初回限定生産)についてくる「メタル製クリプテックス」と「ラングドンメモ(レプリカ)」は、英語学習にも使えそうな、実用的な特典ですね! ほしぃ~~!

AI — 2008年 04月 14日, 20:44

こんにちは。初めて拝見いたしました。英語の題について探していて、たどり着きました!すごい参考になってます(^0^)
質問って、ここではOKなんでしょうか。とりあえず言ってみます。
クリスタルの海と言う時は、
crystal's sea
sea of crystal
crystal sea

題名にしたい場合は、この三つのうちのどれがいいですか。三番目のような気がするんですが。もっと他にも言い方はあるんでしょうか。よろしくお願いします。

もう一つ、クリスタルが複数あるという場合は、crystals でしょうか。
よろしくお願いします。


> 英語の題について探していて、たどり着きました!
AIさん、ようこそタイトル英語ワールドへ!^^)/
> すごい参考になってます(^0^)
ありがとうございます!
「三番目のような気がするんですが」とおっしゃるとおり、「クリスタルの海」=「(the) crystal sea」がよろしいかと(crystal=形容詞)。
> もっと他にも言い方はあるんでしょうか。
「crystal」の代わりに決まり文句「crystal-clear(水晶のようによく透きとおった)」や、「sea」の代わりに「ocean(オーシャン)」なども使えますよ。
> もう一つ、クリスタルが複数あるという場合は、crystals でしょうか。
本来の「結晶」という意味なら「crystals of snow(雪の結晶の粒が複数)」などがOK。日本語の「クリスタル」と英語の「crystal」の違いは、辞書で確認してみてください。
「題名にしたい場合」とのこと、ご自身の作品を海外に向けて発表されるのかな?
タイトル翻訳やネーミングのコーチングもやっておりますので、お気軽に福光宛にメールくださいね。
では、また遊びに来てくださ~い!m(^_^)m(福光潤 2008年 04月 15日, 10:13)

AI — 2008年 04月 15日, 20:25

早々にお返事くださって、ありがとうございます。m(_ _)m

crystal sea がいいのですね!theをつけるともっとかっこいい感じですね、何となく。oceanもすごくいいですね。
私のように英語を授業でしか知らないと、実際のニュアンスなどは全く分からないので、とても助かります。サイトのタイトルを考え中だったのです^^;

分からないことがあったらまた質問するかも。
ありがとうございました。

コメント: 
投稿者名: 
コード入力 439

コード入力の数字はスパム防止用です。半角で入力してください。
✦本文に含められるURLは1個まで。超えると投稿エラーとなります。
✦お手数ですが投稿エラーに備えて、投稿前にコメント文をコピーしておいてください。
✦変更・削除依頼は、「コメント編集・削除依頼」よりご連絡ください。



このエントリーをはてなブックマークに追加


Sponsored Links

⇒ データベースのメニューにもどる
⇒ 無料メルマガ(いつでも解除可)