ホーム > データベース > ウォルト・ディズニーの約束

執筆者:福光潤
作成日:2014/01/17
コメント(2件)
↓当ページの目次を

邦題

  • ウォルト・ディズニーの約束

ふりがな

  • うぉるとでぃずにーのやくそく

英題

  • Saving Mr. Banks

意味

Saving Mr. Banks
救うこと ~氏 バンクス(人名)

⇒ バンクス氏を救うこと
⇒ 堅物銀行員バンクス氏の救済
詳しい英語解説は後半のコラムへ

作品

★『ウォルト・ディズニーの約束』の予告編動画(YouTube)

Sponsored Links



コラム

  ⇒ 「saving」は、「save すること」。
    「save」の意味は、「(危険から人や命を)救う」で、
    データを救ったり(保存)、お金を救ったり(節約)、
    注意しないと失われそうな物事について、使われます。

  参考:タイトル英語第236号『プライベート・ライアン』
    『Saving Private Ryan』→「ライアン二等兵の救出」


  ⇒ 『メリー・ポピンズ(Mary Poppins)』(1964年)
    の映画化を持ちかけるウォルト・ディズニーと、
    それを拒む原作者パメラ・トラバースとの物語。

    上の予告編動画にあるように、メリー・ポピンズは
    子供たちを救いにきたのではなく、その父親である
    堅物の銀行員バンクス氏を、実は救いに来たのだと。
    そして、そのバンクス氏は、パメラの父親なんだと。

    どのように救うのかは、3月の日本公開待ちですね♪


  ⇒ ちなみに、邦題『ウォルト・ディズニーの約束』の
    「約束」とは、ディズニーが娘たちからせがまれて、
    いつか『メリー・ポピンズ』を映画化してあげよう、
    と約束したことを指しているようです。

    味わい深い原題を訳せたとしても、
    そのバンクスさんって誰? となるから、
    思い切って全く違う邦題に踏み切ったのでしょう。

    だって、主演はトム・ハンクスさんでしょ?
    映画の中にディズニーランドも出てくるんでしょ?
    だったら「ウォルト・ディズニー」を邦題に入れなきゃ!
    そしたら、めちゃくちゃ幅広い層から集客できちゃうよね!
    そんなマーケティング観点から、邦題が生まれるのでしょう…。

    と、軽く書きましたが、ひょっとすると、
    邦題の方が上手という可能性もあります。

    トラバースは、映画『メリー・ポピンズ』を
    「Saving Mr. Banks」=「バンクス氏の救済」
    といった内容で描いてくれなきゃダメ! と、
    ディズニーと約束したんじゃないでしょうか。

    そもそも、ディズニーの伝記映画じゃなくて、
    あくまでパメラ・トラバースの物語ですから。

    どのように約束するのかも、3月の日本公開待ちですね♪


  • こんな『タイトル英語』を、メールでも読んでみたい方は、まぐまぐ殿堂入りメルマガ(無料)に登録してくださいね!
? メールアドレス:
Powered by まぐまぐ! 



参考外部サイト



コメント(2件)

福光潤 — 2014年 01月 17日, 14:35

メリー・ポピンズの挿入歌『チム・チム・チェリー』は、小学生の頃にギターの練習で弾くのが好きな曲でした。
でもよくよく考えてみると、まだ映画の方はちゃんと見ていませんでした!
『ウォルト・ディズニーの約束』の前に見ておかなきゃですね。

Laura — 2016年 03月 26日, 21:00

これ、映画館まで観に行きましたよ!メリー・ポピンズが大好きなので、楽しく鑑賞しました。
映画中にカリフォルニアのディズニーランドがうつったときは、それはもう身を乗り出しました(笑)。


Lauraさん、鑑賞レポありがとうございます! 大スクリーンにランドが映ると臨場感あるでしょうね、ええなぁ^^(福光潤 2016年 03月 26日, 23:46)
コメント: 
投稿者名: 
コード入力 707

コード入力の数字はスパム防止用です。半角で入力してください。
✦本文に含められるURLは1個まで。超えると投稿エラーとなります。
✦お手数ですが投稿エラーに備えて、投稿前にコメント文をコピーしておいてください。
✦変更・削除依頼は、「コメント編集・削除依頼」よりご連絡ください。



このエントリーをはてなブックマークに追加


Sponsored Links

⇒ データベースのメニューにもどる
⇒ 無料メルマガ(いつでも解除可)