執筆者:福光潤
作成日:2007/09/13
コメント(2件)
↓当ページの目次を

邦題

  • JAWS/ジョーズ

ふりがな

  • じょーず

英題

  • Jaws

発音

  • ジョーず
英語例文へ 視聴ヘルプ 発音ヘルプ

意味

Jaw -s
アゴ (上下1セット)

⇒ 上下のアゴ
⇒ (大文字始まりの「Jaws」で)人喰いザメ
詳しい英語解説は後半のコラムへ

作品

★『JAWS/ジョーズ』の予告編動画(YouTube)
3分13秒目で『Jaws』が発音されます。

Sponsored Links



コラム

  ⇒ 恐ろしい映画なので、恐る恐る辞書を引きましょう。
    ランダムハウス英語辞典によれば…語源は不明って。
    おお、コワ!


  ⇒ 「jaws」の意味は「アゴ」。
    アゴのラインだけじゃなく、
    アゴの骨すべてをカバーし、
    はえている歯も含みますが、
    単なるアゴ。コワかないよ。


  ⇒ サメともなると、上アゴと下アゴを分けて考えます。
    上アゴ(upper jaw)にも下アゴ(lower jaw)にも、
    超鋭い歯がズラリ(array of razor-sharp teeth)!
    「jaw」だけでも危ないのに、「jaws」に挟まれたら、
    食いちぎられてしまいます! やっぱり、コワいよ!


  ⇒ 「無駄話」というコワくない意味もあり。
    「このメルマガは、ジョーズが多いよな」
    という例文を作ろうとしましたが、ダメ!
    「jaw」は「アゴ」→「口」の連想だから、
    書き言葉には使えません…。


  ⇒ 最後に、「ダ~ラン……、ダ~ラン……♪」
    というジョン・ウィリアムズのテーマ曲は、
    今や、コワい旋律の代表格となりましたが、
    ドボルザーク『交響曲第9番~新世界より
    (Symphony No.9 "From the New World")』
    (1893年)の第4楽章冒頭フレーズと同じ。

    これ、パクリじゃなく、オマージュですね、きっと!
    オマージュは、英語で「homage(敬意)」。
               (└→「みっじ」と発音する)


  ⇒ さらに最後に、ちょっと使える表現:
    「set 誰それのjaw」=「歯を食いしばる」

I set my jaw against the pain, and I walked into the operating room.

歯を食いしばって、痛みに耐え、自分の両足で、手術室に入った。(飛訳:福光潤)



  ⇒ またまた最後に(←もう日本語じゃない?)、

    “High-Tech Hearing Bypasses Ears”
     (ハイテク聴覚は、耳を迂回する)

    という3年前のニュース記事より引用。

A cell phone handset that lets users listen by pressing it against their jaws is for sale in Japan.

――ユーザーの“ジョーズ”に押しあてて聞くタイプの携帯電話機が、日本で発売中だ。(福光潤訳)

    ユーザーが飼っている人喰いザメのジョーズ君にも、
    GPS機能の付いたケータイを持たせてみようかな。
    そしたら迫ってきたときに察知できて逃げられる…、
    って、飼い主が逃げてどうするんやっちゅーの。^^;

    フツーの話に登場する「jaw」は「アゴ」。
    「their jaws」は「ユーザーたちのアゴ」。
    アゴに押しあてるタイプの携帯って?
    そう、3年前に華々しくデビューした、
    骨伝導(こつでんどう)携帯の説明!

    いまだに使ったことがなく、
    使っている人も見たことないのですが…。
    いずこへ?


  • こんな『タイトル英語』を、メールでも読んでみたい方は、まぐまぐ殿堂入りメルマガ(無料)に登録してくださいね!
☞ メールアドレス:
Powered by まぐまぐ! 

ヒラメキ例文

I set my jaw against the pain, and I walked into the operating room.

歯を食いしばって、痛みに耐え、自分の両足で、手術室に入った。

英題の発音へ 視聴ヘルプ 発音ヘルプ



参考外部サイト

※禁断の英文法怪説 by 福光 ⇒

名詞(複数)

※文法アレルギーの方の目に付かぬよう、コソコソ解説しています(^^;)



コメント(2件)

福光潤 — 2007年 09月 14日, 00:18

恐ろしい映画です(続編は、子供だましばかり)。
30年後も、褪せていません(続編は褪せまくり)。
ただ、CGを使わない特撮を笑う子供が増えたので、
ぜひ、リアルなサメでリメイクしてほしいですね。
でも、リアルなサルでリメイクに失敗した例が…。

motona — 2007年 09月 15日, 00:00

ジョーズと言えば、Jaws of Life という機械があるそうですね。こじあけ機、大破した車などから人を救出するんですって。見てみたいなあ。


motonaさん、ジョーズ情報をどうもありがとうございます! こんな器具があるとは知りませんでした! グーグル画像検索で、見つけてきましたよ⇒Jaws of Life こわいような、かわいいような…。(福光潤 2007年 09月 28日, 17:40)
コメント: 
投稿者名: 
コード入力 310

コード入力の数字はスパム防止用です。半角で入力してください。
✦本文に含められるURLは1個まで。超えると投稿エラーとなります。
✦お手数ですが投稿エラーに備えて、投稿前にコメント文をコピーしておいてください。
✦変更・削除依頼は、「コメント編集・削除依頼」よりご連絡ください。



このエントリーをはてなブックマークに追加


Sponsored Links

⇒ データベースのメニューにもどる
⇒ 無料メルマガ(いつでも解除可)