執筆者:福光潤
作成日:2016/02/24
コメント(2件)
↓当ページの目次を

邦題

  • ゼロ・グラビティ

ふりがな

  • ぜろぐらびてぃ

英題

  • Gravity

発音

  • Rェアvぃてぃ
英語例文へ 視聴ヘルプ 発音ヘルプ

意味

Gravity
重力

⇒ 無重力空間に漂う宇宙飛行士2人が、重力のある地球の土を目指して決死のサバイバル!
詳しい英語解説は後半のコラムへ

作品

★『ゼロ・グラビティ』の予告編動画(YouTube)


★『ゼロ・グラビティ』の関連動画(YouTube)
監督やキャストらのインタビュー映像

Sponsored Links



コラム

  • 「gravity」は「重力」、そして「zero gravity」は「無重力(状態)」です。

    飛行機やジェットコースターなどの加速時に、いわゆる「Gがかかる」状態がありますよね。そのGも英語で「G」=「Gravity」であり、「重力加速度」を表わす単位となっています。

    似たような単語に「gravitation」がありますので、その違いを、ざっくりと表で確認してみましょう。

gravity 重力 地球が物体を引っぱり寄せる力
gravitation 引力 ふたつの物体が引っぱり合う力

(はっきりとした区別ではなく、重なる意味もあります)

1916年にアインシュタインが一般相対性理論で予言し、2016年に初観測されたばかりの重力場の伝搬現象は、「gravitational wave(重力波)」といいます。

ふたつのブラックホールの合体による重力波なので、「gravity」ではなく「gravitation」から派生した「gravitational」が使われていますね。


  • さて、映画タイトルに移りましょう。

    なぜ英題が『Gravity』なのに邦題『ゼロ・グラビティ』なのか? それは、臨場感をもって「無重力」を体感できる3D映画だから。

    では、なぜ「ゼロ・グラビティ(無重力)」を描く映画なのに、英題は「gravity(重力)」なのか?

    それは、見終わった後、思わず、重力に感謝してしまう、そんな映画だからでしょう。


  • これより、閲覧環境によっては、レイ     か
                    ア    る も
                     ウ   れ  し  ん。
             され       ト 乱   れませ
           表示  て       が
        正常に     いて             すの
                  も、活字  の恐れ   ま  で、
        ご了            酔い   があり
          承
           くだ い。
             さ  ≦(._.)≧ ペ
                      コ
    
    
        この映画                  と
          の        無重力空間   フワ~ した
         サントラ音楽   は、  を  フワ~    白玉音符の
          (by Steven Price)  表現すべく、      多い
                                  スコア
                                    です。
    
        さらに
          3D映像         にも、
            なので、上前  方向 自分   いると
               左┼右  の   が 漂って  錯
               後下 いずれ   宇宙に     覚。
    
    
         そんな
            フワ~         の中、
               フワ~   無重力
                  とした
    
            ハラハラ
              ドキドキ      上映時間は
                の      近い    またたく
               サスペンス  90分         間。
                   続きで、
    
    
                  そして最後に。。。
    
    
        ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
        ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
        ボクたちを地球にしっかりとつなぎとめてくれる重力=gravity。
        無重力でなまった脚力と、疲労困憊した精神と、生きている実感。
        重みがある全てのものを受け止めてくれる母なる星に戻った安堵。
        ほぼ全編を通して、無重力を体感できる3D映画となっていますが、
        ラストシーンで英題の「重力」をズシッと体感できること請合い。
        空気よりも当たり前すぎて忘れている重力を本作で再確認してね!
        ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
        ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



  • ちなみに、宇宙空間に完全な「zero gravity」の状態はないそうです。

    NASAの小中学生向け勉強ガイドページより引用
    Microgravity is sometimes called "zero gravity," but this is misleading.

    微小重力は「無重力」と呼ばれることもありますが、誤解を招いてしまう表現です。
    (福光うなずきながらの訳)

    完全に「zero gravity」なら、地球と月はとっくの昔に生き別れ。星座を構成する星々もバラバラ、貴方の運勢も占えないことに…。


  • 上記引用元サイトの「NASA TV」というコーナーでは、映画に登場する国際宇宙ステーション(International Space Station, ISS)からの生中継放送「Space Station Live」などの番組が楽しめます。

    今のぞいたら、スコット・ケリー船長がインタビューに答えながら、余裕の無重力バク転!を見せてくれました。録画番組では、若田光一さん(元ISS船長)も登場。

    さすが21世紀、こんなに宇宙が身近になったとは驚きです。「gravity」という単語が日常英単語になる日も近いでしょうね。

    Hey, what's your gravity like today?

    ねぇ、今日の重力、そっちはどう?

    な~んてね。


  • こんな『タイトル英語』を、メールでも読んでみたい方は、まぐまぐ殿堂入りメルマガ(無料)に登録してくださいね!
? メールアドレス:
Powered by まぐまぐ! 



ヒラメキ例文

I didn't know there is gravity in space.

宇宙空間に重力があるとは知らなかった。

英題の発音へ 視聴ヘルプ 発音ヘルプ



参考外部サイト

※禁断の英文法怪説 by 福光 ⇒

名詞(不可算)
たった一語の体言止めで、「重力」という意味をずっしり表現。

※文法アレルギーの方の目に付かぬよう、コソコソ解説しています(^^;)



コメント(2件)

福光潤 — 2016年 02月 24日, 17:17

これまで見た3D映画の中で一番のお気に入り。たぶん、画面全体が真っ暗なのが基本なので、スクリーンとの境界線を気にすることなく没入できたためだと思います。

これをヘッドマウントディスプレイ(head-mounted display)で見るとさらなる臨場感で宇宙酔い(spacesickness)してしまいそうです。いや、映像酔い(visually induced motion sickness)か…。

加藤由佳 — 2016年 02月 24日, 22:14

John Mayerの曲でも『Gravity』というものがありましたね。


加藤さん、渋いコメントありがとうございます! 邦題は何ていうんでしょうね。(福光潤 2016年 02月 25日, 00:19)
コメント: 
投稿者名: 
コード入力 424

コード入力の数字はスパム防止用です。半角で入力してください。
✦本文に含められるURLは1個まで。超えると投稿エラーとなります。
✦お手数ですが投稿エラーに備えて、投稿前にコメント文をコピーしておいてください。
✦変更・削除依頼は、「コメント編集・削除依頼」よりご連絡ください。



このエントリーをはてなブックマークに追加


Sponsored Links

⇒ データベースのメニューにもどる
⇒ 無料メルマガ(いつでも解除可)