ホーム > データベース > ジーニアス・ラヴ~永遠の愛

執筆者:福光潤
作成日:2006/08/16
コメント(1件)
↓当ページの目次を

邦題

  • ジーニアス・ラヴ~永遠の愛

ふりがな

  • じーにあすらぶ えいえんのあい

英題

  • Genius Loves Company

発音

  • ーにあすvずんぱにー
英語例文へ 視聴ヘルプ 発音ヘルプ

意味

Genius Loves Company
天才 ~を愛する 仲間

⇒ 天才は、仲間を愛する
⇒ 天才は、仲間を大切にする
⇒ 天才は、大切な仲間をもっている
詳しい英語解説は後半のコラムへ

作品

★『ジーニアス・ラヴ~永遠の愛』のメイキング動画Part1(YouTube)


★『ジーニアス・ラヴ~永遠の愛』のメイキング動画Part2(YouTube)

Sponsored Links



コラム

  ⇒ まず、「genius」=「天才」です!

    そして、『天才バカボン』は『The Genius Bakabon』なのだ!

    バカボンとレイ・チャールズとでは、天才ぶりが違いますが、
    辞書的な意味は同じなので、福光の脳内オリジナル辞書では、
    「genius」の例として、ふたり仲良く並んでいるのだ(笑)!

    とりわけ、レイは「The Genius of Soul」と呼ばれています。
    「ソウル(ソウル音楽、魂)の天才」ということですね。


  ⇒ 邦題の、ジーニアス・ラヴは、ちょっと意味不明。
    「天才・愛の歌」にしては、ラヴソングは少なめ。
    デュエット集であることを示す原題から離れすぎ。

    でも、「~永遠の愛」というサブタイトルの方は、
    一見ありふれていますが、弔意が表れていますね。

    ここから戻って考えてみると、邦題の「ラヴ」は、
    「ソウルの天才が、音楽に捧げた愛」となるのか。

    いずれにしても、かなり意訳された邦題ですので、
    英題と「compnay」の意味を、しっかりおさえておきましょう!


  ⇒ 「company」の意味は「会社」だけで満足しちゃダメですよ!
    「人のグループ」→「仲間」というコアイメージが基本です。
    俳優やダンサーの「一座」から、「消防隊」や「会社」まで。

    『Genius Loves Company』のアルバムジャケットを拡大して、じっくり見れば、
    「company」=「仲間」だということが、よく分かります。
    レイ・チャールズの顔の上に並んだ文字を、写してみますね。

ray charles duets with
natalie cole elton john norah jones b. b. king
gladys knight diana krall johnny mathis
michael mcdonald van morrison willie nelson
bonnie raitt james taylor genius loves company

    1行目の意味は、
    「レイ・チャールズは、下記アーティストらとデュエットしています」
    デュエットしているミュージシャン名が、ズラリと並んで、
    最終行のおしりに、アルバム名がくっついています。
    上記【意味】欄に挙げた、3種類の訳を確認しておいてくださいね。


  ⇒ 会社名につける「Company」の略記は、「Co.」。
    ピリオドは省略記号なので、ここでは「mpany」→「.」です。

    あと、社名が「& Co.」で終わる場合の「Co.」は、
    他の共同経営者、出資者、雇用者などを指します。

    たとえば、ティファニー。
    1837年に、「Tiffany & Young」として、
    学友のヤング氏との共同経営でスタート。
    1853年、ティファニー氏が経営を任され、
    社名を、「Tiffany & Co.」に変更。


  ⇒ 要するに、英語の発想では、会社は仲間が集まるところ。
    もちろん、いちいちこの由来を気にせず使っていますが。
    日本語だって、「会」と「社」を辞書で引けば、
    同じような発想だと、気づくでしょう。


  • こんな『タイトル英語』を、メールでも読んでみたい方は、まぐまぐ殿堂入りメルマガ(無料)に登録してくださいね!
☞ メールアドレス:
Powered by まぐまぐ! 

ヒラメキ例文

You can judge people by the company they keep.

付き合っている仲間を見れば、その人の人柄がわかります。

英題の発音へ 視聴ヘルプ 発音ヘルプ



参考外部サイト

※禁断の英文法怪説 by 福光 ⇒

名詞+他動詞(3単現)+名詞
S+V+O

※文法アレルギーの方の目に付かぬよう、コソコソ解説しています(^^;)



コメント(1件)

福光潤 — 2006年 08月 16日, 08:13

福光愛用の学習用英和辞書は、『ジーニアス英和大辞典』(2001年;大修館)です。ホント、「天才」の名を冠するほど、自信たっぷりな辞書なんです!
例えば、[D](動的)と[S](静的)のラベルが便利!
[D] I smelled it. 私は、そのニオイを嗅いだ。
[S] It smelled good. それは、いいニオイがした。
同じ「smell」でも、積極的に鼻を向けてニオイを嗅ぐ側と、自然にニオイを発散する側とでは、大きく意味が違いうということ。他にも、いろんな切り口で説明してくれる、4次元辞書です!

コメント: 
投稿者名: 
コード入力 865

コード入力の数字はスパム防止用です。半角で入力してください。
✦本文に含められるURLは1個まで。超えると投稿エラーとなります。
✦お手数ですが投稿エラーに備えて、投稿前にコメント文をコピーしておいてください。
✦変更・削除依頼は、「コメント編集・削除依頼」よりご連絡ください。



このエントリーをはてなブックマークに追加


Sponsored Links

⇒ データベースのメニューにもどる
⇒ 無料メルマガ(いつでも解除可)