執筆者:福光潤
作成日:2016/06/09
コメント(1件)
↓当ページの目次を

邦題

  • Birding on Borrowed Time

ふりがな

  • ばーでぃんぐおんぼろうどたいむ

英題

  • Birding on Borrowed Time

意味

Birding on Borrowed Time
野鳥観察、

バードウォッチング

~に(時) 借りられた 時間

⇒ 借り物の時間でのバードウォッチング
⇒ 末期ガン宣告から18年間続けたバードウォッチング余生
詳しい英語解説は後半のコラムへ

作品


★『Birding on Borrowed Time』の著者生誕85周年Google Doodle(記念デザインロゴ)

Sponsored Links



コラム

  • 「野鳥観察」のことを「バードウォッチング」ともいうように、英語で「bird watching」、特にアメリカでは「birding」です。

    では「野鳥観察者」なら?「バードウォッチャー」というカタカナ語のように、英語でも「bird watcher」、特にアメリカでは「birder」です。

    You know, I'm a birder, too! (o^∇^o)ノ


  • さて、著者のフィービー・スネツィンジャーさんは、50歳のとき、悪性黒色腫(malignant melanoma)の末期癌(terminal cancer)を宣告されるも、療養生活より本格的な野鳥観察の道を選びました。

    死の不安を克服するかのように、世界中の僻地や危険地帯に出向き、アマチュア鳥類学者(amateur ornithologist)として数々の亜種を観察・記録し、後にその功績が認められています。

    何千種類もの鳥さんたちを観察してきたフィービーさんが、人生最後に観察した鳥さんは、鳥類スズメ目のカタアカオオハシモズ(red-shouldered vanga)でした。

    下の画像は、本書で挿絵を描いているダグラス・プラットさんのサイトに掲載されているカタアカオオハシモズのイラストです。


  • 英題後半のタイトル英語「on borrowed time」は、

    「live on borrowed time」=
    「思ったより長生きして余分の人生を送る」

    というフレーズから借りられて(borrowed)います。

    余命わずかと宣告されてから18年後、68歳のフィービーさんは、野鳥観察遠征していたマダガスカルの地で、乗っていたバンの転倒事故により、その生涯を閉じました。病死ではなかったのです。

    そんな彼女のバードウォッチング半生を綴った回顧録にふさわしいこの書名『Birding on Borrowed Time』は、もし邦訳版が出たら、どんな邦題になるでしょうね。

    So you can say that the birder's "borrowed time" was 18 years.

    では、そのバードウォッチャーの“借り物の時間”は18年だったといえますね。



  • こんな『タイトル英語』を、メールでも読んでみたい方は、まぐまぐ殿堂入りメルマガ(無料)に登録してくださいね!
? メールアドレス:
Powered by まぐまぐ! 



参考外部サイト

コメント(1件)

福光潤 — 2016年 06月 09日, 11:38

最近では、bird watcher ならぬ bird listener のフクミツです。数年前から近所でイソヒヨドリが活動するようになったんですが、夜が明けていない2~3時ごろから良い声で鳴き始めたりします。誰か「朝まで静かにお願い」というイソヒヨ語を教えてください(笑)

コメント: 
投稿者名: 
コード入力 445

コード入力の数字はスパム防止用です。半角で入力してください。
✦本文に含められるURLは1個まで。超えると投稿エラーとなります。
✦お手数ですが投稿エラーに備えて、投稿前にコメント文をコピーしておいてください。
✦変更・削除依頼は、「コメント編集・削除依頼」よりご連絡ください。



このエントリーをはてなブックマークに追加


Sponsored Links

⇒ データベースのメニューにもどる
⇒ 無料メルマガ(いつでも解除可)