執筆者:加藤由佳
作成日:2016/04/03
コメント(1件)
↓当ページの目次を

邦題

  • ビーストリー

ふりがな

  • びーすとりー

英題

  • Beastly

発音

  • ーすとぅりー
英語例文へ 視聴ヘルプ 発音ヘルプ

意味

Beastly
獣のような残忍な

⇒ ひどい
⇒ 不愉快な
⇒ 鼻持ちならない
詳しい英語解説は後半のコラムへ

作品

★『ビーストリー』のレビュー動画(YouTube)
3秒目で『Beastly』が発音されます。


★映画化作品『ビーストリー』の予告編動画(YouTube)

Sponsored Links



コラム

  • この作品では、イケメン、金持ちの家出身という、いわゆるモテ要素を備えた17歳の少年カイルが主人公です。しかし、その実際にモテモテなカイルは性格が最悪! その彼には「beastly」という言葉がとても合っています。


  • 野獣を意味する「beast」に「-ly」をつけた「beastly」は、
    (1)「野獣のように残忍な」という意味を持ちます。容姿に恵まれない同級生をいじめて追い込んだり、家政婦を怒鳴りつけたりする彼はまさしく「beastly」です。

    また、「beastly」には
    (2)「傲慢な、鼻持ちならない」という意味も。王子様のようなルックスに加えて、お金のある(といっても彼のお父さんの稼いだお金)ことをいちいち自慢するカイル少年にはぴったりな言葉と言えるでしょう。

    さらに、「beastly」には
    (3)「醜い」という意味合いも!そう、性根腐ったカイル少年は魔女の怒りを買い、「1年以内に本当に愛する人を見つけ、愛してもらえば魔法を解く。それが解けなければ永遠にそのまま」という条件つきで、その姿を醜い野獣に変えられてしまいます。

    1つの言葉だけで主人公の性格や物語のゆくえなど、いろいろな側面を示した、とってもスマートなタイトルですよね。


  • さらにさらに(!)、この「beastly」という言葉選びには、魔法によって野獣にされた王子様と心優しい少女の物語である不朽の名作『美女と野獣(Beauty and the Beast)?』との掛けあいもあります。

    『Beastly』そのものも美女と野獣をモチーフにしたお話ですので、ここでも素晴らしいタイトルに座布団を差しあげたいところ。

    同作には『美女と野獣』のほかにもいろいろな童話のモチーフやシンボルが登場し、恋愛小説としてだけではなくファンタジー童話としてもなかなか楽しめます。

    もちろんハッピーエンドですので、気になる方は安心して読んでみてくださいね♪


  • こんな『タイトル英語』を、メールでも読んでみたい方は、まぐまぐ殿堂入りメルマガ(無料)に登録してくださいね!
☞ メールアドレス:
Powered by まぐまぐ! 



ヒラメキ例文

Kyle used to be a beastly boy, but he has been changed by the power of magic and love.

カイルはかつて残忍で傲慢な少年だったが、魔法の力と愛によって変わった。

英題の発音へ 視聴ヘルプ 発音ヘルプ



参考外部サイト

※禁断の英文法怪説 by 福光 ⇒

形容詞
接尾語「-ly」は、たいてい形容詞に付けて副詞を作りますが、ここでは名詞に「-ly」を付けて形容詞を作っています。

※文法アレルギーの方の目に付かぬよう、コソコソ解説しています(^^;)



コメント(1件)

加藤由佳 — 2016年 04月 04日, 17:27

作中にはいろいろな薔薇を植えた素敵な薔薇園が登場します。一度で構わないので、薔薇の写真を好きなだけ撮りたいなあ。

コメント: 
投稿者名: 
コード入力 450

コード入力の数字はスパム防止用です。半角で入力してください。
✦本文に含められるURLは1個まで。超えると投稿エラーとなります。
✦お手数ですが投稿エラーに備えて、投稿前にコメント文をコピーしておいてください。
✦変更・削除依頼は、「コメント編集・削除依頼」よりご連絡ください。



このエントリーをはてなブックマークに追加


Sponsored Links

⇒ データベースのメニューにもどる
⇒ 無料メルマガ(いつでも解除可)