執筆者:福光潤
作成日:2008/01/16
コメント(2件)
↓当ページの目次を

邦題

  • つぐない

ふりがな

  • つぐない

英題

  • Atonement

発音

  • うんむんとぅ
英語例文へ 視聴ヘルプ 発音ヘルプ

意味

Atonement
償い(つぐない)

⇒ 犯してしまった罪・過ちをあがなうこと
詳しい英語解説は後半のコラムへ

作品

★『つぐない』の予告編動画(YouTube)
2分31秒目で『Atonement』が発音されます。

Sponsored Links



コラム

  • イアン・マキューアンの原作は、『贖罪』という邦題。映画化作品は、『つぐない』という邦題。そして、原題はどちらも『Atonement』。

    どれも、罪や過ちをあがなうことです。簡単にいえば、何かで埋めあわせること。

    主人公ブライオニー・タリスが13歳のときに犯した罪とは? そして、どのようにして埋めあわせるのか?

    タイトルからは、ズバリこの2点が気になるところです。


  • ところで、「atonement」という単語。この作品以外で、見たことありますか? 見たことある方は、うろおぼえでも結構ですので、下記コメント欄に、書き込んでおいてくださいね。

    フクミツは、小説かニュース記事のどこかで、ごくたま~~~にしか見たことがありません。


  • ランダムハウス英語辞典には、

    at+one+ment
    という分解が載っていました。「at one」=「調和」ということです。

    罪を犯してしまった自分と、本来の自分とが、ふたたび一体となれるとき、罪が償われるという解釈か。それとも、周囲との調和か、神との調和か。

    こういう単語は、宗教のバックグラウンドが違うと、理解しにくいものですね。

    でも、タイトル英語になっているのでラッキー! この作品を見れば(原作を読めば)、少なくともイアン・マキューアン(原作者)が言わんとしている「atonement」の意味は理解できるはず。感情をともなった記憶ほど、忘れにくいものはないです。

    映画鑑賞後は、全編を思いかえして、作者が「atonement」に込めたものに、思いを馳せてみましょうね。


  • ちなみに、同じ「つぐない」を意味する単語が、『ショーシャンクの空に』のタイトル英語にもあるので、そちらも、チェ~ック!


  • こんな『タイトル英語』を、メールでも読んでみたい方は、まぐまぐ殿堂入りメルマガ(無料)に登録してくださいね!
☞ メールアドレス:
Powered by まぐまぐ! 

ヒラメキ例文

The movie "Atonement" was awarded a Golden Globe for Best Motion Picture - Drama, as if in atonement for the canceled ceremony due to the screenwriters strike.

映画『つぐない』がゴールデングローブのドラマ部門作品賞を受賞した。まるで脚本家ストによる受賞式中止をつぐなうようにして。

英題の発音へ 視聴ヘルプ 発音ヘルプ



参考外部サイト

※禁断の英文法怪説 by 福光 ⇒

名詞
「-ment」は名詞を示す接尾辞。

※文法アレルギーの方の目に付かぬよう、コソコソ解説しています(^^;)



コメント(2件)

福光潤 — 2008年 01月 16日, 13:32

『つぐない』が何かを受賞したとのニュースを聞いたとき、一瞬、テレサ・テンの歌(作詞:荒木とよひさ/作曲:三木たかし)かと思いました(笑)。でも、実はゴールデングローブ賞とのこと。しぶい邦題の洋画だなぁと思いました。
なお、福光の発音ファイルではものたりない方、予告編ムービーのラストで、タイトルのネイティブ発音が聞けますよ。

Y.K. — 2008年 01月 26日, 21:45

はじめまして(^^♪ 今友達とDanielle SteelのEchoesというのを読んでるのですがメルマガを読んだ次の日に偶然 atonementがでてきてびっくり、うれしくなりました。
It was the day of atonement,
a time to contemplate past sins, and to allow God to judge you.
映画もぜひみたいと思ってます。これからもメルマガ楽しく読ませていただきます(@^^)/~~~


Y.K.さん、どうもありがとうございます!

> 今友達とDanielle SteelのEchoesというのを読んでるのですが
お友達とDanielle Steelを読んでいるというのが素晴らしいですね。

> メルマガを読んだ次の日に偶然 atonementがでてきてびっくり、うれしくなりました。
そういうことってホントにあるから不思議ですよねぇ。気にしている単語があれば、本や映画以外でも、職場や街の風景の中に発見することもありますよ。

> It was the day of atonement,
> a time to contemplate past sins, and to allow God to judge you.
ピンポイント引用をありがとうございます!

これで、「atonement」=「to contemplate past sins」という新たな定義が誕生!^^読んだことがなかったので、さっそくアメリカのアマゾンで、中身を検索して前後を少し読んでみました。
『ランダムハウス英語辞典』によれば、「Yom Kippur」=「贖罪の日(Day of Atonement)、ヨーム・キップール:ユダヤ教の大祭日;断食をしてシナゴーグで終日懺悔の祈りを唱える」とあり、語源はヘブライ語の「yom(日)+kippur(贖罪)」とのこと。

> 映画もぜひみたいと思ってます。
ご覧になったら、ぜひご感想をお待ちしています♪

> これからもメルマガ楽しく読ませていただきます(@^^)/~~~
感謝・多謝!!(福光潤 2008年 01月 27日, 01:28)
コメント: 
投稿者名: 
コード入力 658

コード入力の数字はスパム防止用です。半角で入力してください。
✦本文に含められるURLは1個まで。超えると投稿エラーとなります。
✦お手数ですが投稿エラーに備えて、投稿前にコメント文をコピーしておいてください。
✦変更・削除依頼は、「コメント編集・削除依頼」よりご連絡ください。



このエントリーをはてなブックマークに追加


Sponsored Links

⇒ データベースのメニューにもどる
⇒ 無料メルマガ(いつでも解除可)